あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

一球入魂かぼちゃ(2010年9月)

2010年9月号 一球入魂かぼちゃ
 一球に魂を込める、そんなかぼちゃが青森県内では栽培されています。 今回はひと株ひとつなりの「一球入魂かぼちゃ」を特集します。

一球入魂かぼちゃとは

 一球入魂かぼちゃとは、青森県内の下北地域、今別地域で、1株に実を1個しか結実させないように栽培されたかぼちゃです。かぼちゃの生長にしたがい伸びてくる側枝は全て撤去し、親づる1本に実を1個だけ残し他の実はすべて摘果します。このため1個に全てのうまみが凝縮され大変美味しいかぼちゃになります。
 深い緑色の果皮と山吹色の鮮やかな果肉、糖度13~15度の凝縮された甘さ、甘さにまけないホクホクとした食感が特徴です。
 かぼちゃのおいしさはホクホク感と甘さのバランスが肝心で、追熟するほどでんぷんの糖化が進んで甘みは増すもののホクホク感が失われます。一球入魂かぼちゃは、このバランスに優れた高級かぼちゃとして注目されています。

一球入魂かぼちゃ
一球入魂かぼちゃ

青森県のかぼちゃ

一球入魂かぼちゃ畑

 かぼちゃの出荷量は圧倒的に北海道が多く、その後、鹿児島、茨城が産地として続きます。青森県の出荷量は、1,430tで全国で15位となっています。
  かぼちゃは通年流通するものの、関東以南では5月~6月、北日本では8月上旬~10月上旬頃が旬となっています。青森県のかぼちゃは8月~10月下旬くらいを中心に流通します。

かぼちゃ「ダークホース」

 一球入魂かぼちゃとして栽培されるかぼちゃは、「ダークホース」という品種で、甘くホクホクと粉を吹く、美味しいかぼちゃです。一球入魂かぼちゃは、全国的にかぼちゃの需要が途切れる時期にあわせて出荷することから、品種名のとおりかぼちゃ界の「ダークホース」ともいえますね。

かぼちゃ「ダークホース」

「ダークホース」の特性

 平成17年11月に命名された注目品種。 食味はホクホクとして美味しい、西洋かぼちゃ。 果皮色は濃い黒緑色で、平均果重は2.0kg前後で、果形はハート形です。 果肉は濃い黄色(やまぶき色)です。。

一球入魂かぼちゃおいしさの秘密

一球入魂かぼちゃ畑

 1株に実を1個だけ成らせて大切に育てる独特の栽培方法と、下北・今別地域の夏季冷涼の気候がおいしいかぼちゃを育みます。
 寒暖の差はかぼちゃに甘みを与え、冷涼な気候は、じっくりと生長させることによってうま味を与えてくれます。さらに、少なくても3個、場合によっては5個~6個も成らせる慣行栽培と比べて、養分がぎゅ~っと凝縮されるので、甘みのうま味も格段に高まるのです。

ブランドかぼちゃ~商標登録

一球入魂かぼちゃ

 今年1月、一球入魂かぼちゃの「一球入魂」の表記が商標登録されました。
 生産者、流通、販売、消費者、行政関係者が一体となって設立された「一球入魂かぼちゃブランド戦略協議会」により申請され、登録されました。これにより、一球入魂を強調した販売展開が可能となり、PR効果とブランドイメージの定着が期待できます。

かぼちゃの知識

● 歴史

 かぼちゃの原産地は南北アメリカ大陸といわれ、日本へは16世紀にポルトガル船によって東南アジアのカンボジア産と伝えられたことから、カンボジアがなまって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったといわれています。このとき渡来したのが日本かぼちゃで、現在よく食べられている西洋かぼちゃは南アフリカの高原乾燥地帯が原産で、19世紀の幕末に日本に渡来しました。
 また、なかなか聞き慣れないペポかぼちゃは、19世紀末に中国から導入された攪糸瓜(かくしうり)が金糸瓜(きんしうり)やそうめんかぼちゃ、なます瓜など名前を変えて散在しています。

● かぼちゃの品種

【日本かぼちゃ】

このかぼちゃは早熟であるため、今では促成栽培が主になっています。また水分が多いため、ねっとりとした味わいが楽しめ、煮物にする場合は薄味でじっくり煮込むととても美味しく、油との相性も良いので精進揚げや天ぷらにも適しています。

【西洋かぼちゃ】

西洋かぼちゃは、日本かぼちゃに比べたら成熟しても柔らかく果実は大形で表面はなめらかです。甘味があり、ポタージュなどのスープ、蒸し物、揚げ物などの料理に適しています。

【ペポかぼちゃ】

日本での栽培は極めて少なく、ズッキーニなどがこの種類としては有名です。形は細長いものや小型のもので、一般的なかぼちゃとは味も食感も全く違います

● おいしいかぼちゃの選び方

 丸ごと1個の場合は、色が濃くずっしりして重量感があるものを選びましょう。へたの周りがくぼんだり、ひびが入っているものが完熟していておいしいかぼちゃです。カットされているものは、種がしっかりつまっていて肉厚で色鮮やかなものを選びましょう。

こんなところにも「一球入魂」

青森萬(よろず)四十茶

 昨年10月に発売された「青森萬(よろず)四十茶」。そば茶風味の香ばしいまろやかな味わいのブレンド茶で、 青森県の東青地域産のキタワセソバをベースに県内40市町村の産品40種類をブレンドしています。実はこの青森萬四十茶にも一球入魂かぼちゃが使用されているのです。このお茶に感じられる甘みは、もしかしたら一球入魂かぼちゃの甘みかもしれませんね。
※商品の販売は終了しました。

関連ページ

旬の食材バックナンバー
産地直売所 しもきた産直広場


旬の食材

2019年9月
100%そば粉の東通村「東通そば」

2011年9月
青森シャモロック

2008年9月
青森のしらうお

ページトップへ戻る