あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

本州最北端 食のエリア 風間浦鮟鱇料理

あおもりご当地食めぐり 本州最北端食のエリア 風間浦鮟鱇料理

「生きたまま水揚げされる」風間浦鮟鱇ならではの料理

風間浦鮟鱇は、刺し網漁法や空釣り延縄漁法で漁獲され、漁場が近く、一匹一匹丁寧に取り扱われることで、生きたまま水揚げされることが最大の特徴。
風間浦村では、鮟鱇鍋や共和えはもちろん、鮮度抜群だからこそできる、刺身やあん肝差し、唐揚げなど、かつては地元でしか食されていなかった鮟鱇料理を、12月~3月限定で提供しています。

風間浦鮟鱇料理のトリビア

  • 風間浦村で獲れるあんこうは、普通のあんこうではなく、「きあんこう」と呼ばれる種類のもの。普通のあんこうの体色が黒褐色であるのに対し、「きあんこう」はその名の通り黄色みがかかった黄褐色。また、あんこうには口の中に白い斑点があるのが特徴ですが、「きあんこう」にはありません。食用としては肝の脂が上質であることから、「きあんこう」の方がより美味であるとされています。(下風呂温泉郷ホームページより

提供店マップ

※当サイトの掲載内容については十分確認をした上で掲載しておりますが、情報が古くなっている場合もあります。正確な情報は必ず各店舗にお問い合わせください。

お問い合わせ

ゆかい村鮟鱇ブランド化推進協議会

住所 青森県風間浦村大字易国間字大川目28−5 風間浦役場産業建設課内
電話 0175-35-2111
ホームページ 下風呂温泉郷

ページトップへ戻る