あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

みそ貝焼き/ホタテ貝焼き味噌

みそ貝焼き・ホタテ貝焼き味噌 青森県津軽地方の郷土料理

江戸時代に陸奥湾の漁師がホタテの貝殻を鍋代わりにし、かつおや焼き干しのだし汁、ホタテや地元の旬の食材、味噌や溶き卵を入れて煮込んで作られていた郷土料理です。
卵入りのみそ貝焼きは、卵が貴重だった時代、風邪をひいた時や体調がすぐれない時、また、産後の栄養食として作られた料理です。
下北地方と、津軽地方の東青地区で特に親しまれ、下北では「みそ貝焼き」、東青では「ホタテ貝焼き味噌」と呼ばれています。


青森県内の「みそ貝焼き/ホタテ貝焼き味噌」提供店

東京・関西の「みそ貝焼き/ホタテ貝焼き味噌」提供店

ページトップへ戻る