あおもりの特産品図鑑

 にんにく

料理の味をぐっと引き立てる、スタミナの素。

にんにく写真国内生産量の約80%という高いシェアを占める青森県のにんにくは、大玉で1片が大きく実がよくしまり、雪のような白さと品質の良さが自慢です。

にんにくは紀元前4500年の古代エジプト時代から作られていたといわれています。ピラミッドを築いた労働者や奴隷がにんにくを常用していたとか。日本には奈良時代に朝鮮を経て伝わりました。

にんにくの語源は仏教用語の「忍辱」。“あらゆる困難に耐え忍ぶ”という意味で、僧侶が荒行に耐える体力作りに食したとされています。

にんにくの主な成分と効果

にんにく独特のスパイシーな香りはアリシンによるもので、殺菌作用があるといわれています。また、アリシンはにんにく内のビタミンB1と結びつくことで、動脈硬化や疲労回復などに効果があるといわれています。 身体に良いからといって、食べ過ぎは逆効果で、1日にりん片2〜3個程度が適量。

調理のポイント

にんにくの
選び方
  • 皮の色が白く、張りがあるもの
  • 粒が大きく、固くしまっているもの
  • 形が丸く、球の尻がやや窪んでいるもの
にんにくの
保存方法
  • 高温では腐りやすく、また湿度が高いとカビが発生するので、風通しの良い涼しい所に置く。夏場は、冷蔵庫保存が無難。
  • 温度0〜6℃、湿度65〜70%の条件だと良いが、早めにお召し上がり下さい。
  • 冷凍保存の場合は、薄皮をむきラップで包めば約1ヵ月保存できる。
  • 自然解凍で、生と同じように使える。
  • しょう油・味噌・酢などにつけて保存食にしておくと、薬味・香辛料として使えるほか、発芽防止にもなる。


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.