あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

タコの道具汁

タコの道具汁 青森県沿岸地帯の郷土料理

漁村に伝わる料理で、タコの頭と足を出荷して、残ったたこの内臓の食べ方として漁師のまかない食として親しまれてきたものです。魚介類の内臓を「生きるための道具」と呼ぶことから、「タコの道具汁」という名前が付きました。下北地方でよく食べられている郷土料理で、現在は振る舞い食として作られています。
タコの内臓を下茹でしたものと、豆腐やねぎのほか、好みで季節の野菜と一緒に煮込んだ汁もので、タコの内臓が全て入っている為、いろいろな食感が楽しむことができます。


ページトップへ戻る