あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

日本シードル発祥の地、弘前市とその周辺エリアで造られるりんごのお酒「シードル」(2022年1月)

日本シードル発祥の地、弘前市とその周辺エリアで造られるりんごのお酒「シードル」

弘前市はりんごの一大産地であり、日本シードル発祥の地でもあります。そんな弘前市をはじめ、県内各地で造られている「シードル」の魅力と各社おすすめ商品をご紹介します。

青森で造られるシードルの強みと魅力

弘前市をはじめ、青森県はシードルの原料となるりんごの一大産地。さまざまなりんごの品種が揃うこと、新鮮なりんごがたくさん手に入ることや、県内各地にりんごを長期保管できる倉庫があるため通年で醸造できることが青森県で造られるシードルの強みです。
魅力は、個性的で多彩な銘柄が揃っていること。生食用りんごを使うものや摘果りんご(※)を使うもの、単一品種のみのものや数種類をブレンドしたもの、また、銘柄によって製法も異なるので、飲み比べながら楽しむのもおすすめです。
※摘果りんご…一つの実を大きくするために周りの余分なりんごを摘みとる摘果(てきか)作業で、間引いた未成熟のりんご

「弘前シードル研究会」から「弘前シードル協会」へ

「弘前シードル研究会」は、弘前市りんご課を事務局として活動を始め、シードルの勉強会や販売促進活動を実施してきました。
令和3年度から独立し、醸造者・委託醸造者を中心とした民間主体の団体「弘前シードル協会」へリニューアル。現在、35の企業や個人が在籍しています。
協会は、津軽地方に根付いている日本酒の文化と同じく、「シードル」も地元のりんごを使った地酒として親しんでほしいとの思いで活動をしており、普段飲むお酒として、贈り物として、暮らしに浸透した新しい文化としての定着を目指しています。

「シードル」商品情報~各社おすすめの一品~

🍷アルコール度数、🍎使用しているりんご

①もりやま園株式会社『テキカカシードル』330ml

627円(税込)
🍷5%
🍎摘果りんご使用
甘口←1 2 3 ④ 5→辛口
◆販売時期:通年
◆販売店:弘前市内、青森県内・外に多数
◆ネットショップ:https://www.moriyamaen.com/
◆特長:7月に摘まれる未成熟のピンポン玉大のりんご『摘果りんご』を収穫可能にして醸造に用いた、甘さ控えめで食事との相性が抜群のドライシードル。SDGsの観点からも注目が集まっています。2019年ジャパンシードルアワードで大賞受賞、料理王国100選に認定されるなど、外部からの客観的評価も高まっているシードルです。

【問い合わせ先】もりやま園株式会社
住所:弘前市緑ケ丘1-10-4
電話番号:0172-78-3395
HP:https://moriyamaen.jp/

②GARUTSU株式会社『KAMUYシードル』750ml

1,480円(税込)
🍷9%
🍎ふじ、王林、ときなど数種類のりんごと葡萄も少しブレンド
甘口←1 2 3 ④ 5→辛口
◆販売時期:通年
◆販売店:津軽白神道の駅(西目屋村)、酒のやまや(青森県内)、弘前駅パルシー(弘前市)、カブセンターメガ富田店(弘前市)、加藤酒店(弘前市)、AoMoLink赤坂(東京都港区赤坂)、TASTING MARKET(東京都墨田区両国)
◆ネットショップ:https://garutsu.co.jp/
https://www.hokusaikan.com/products/list?category_id=32(あおもり北彩館)
◆特長:「KAMUY CIDER(カムイシードル)」は白神ワイナリーが造る、ワイナリーの強みを生かした新ジャンルのシードルです。りんごだけでは表現しにくい、香りや味の深み、口当たりのよさを出すために葡萄がブレンドされています。酵母には、白神山地で発見された白神酵母が使用されています。白神山地を訪れた記念や、大切な方への贈り物として楽しんでいただける商品です。

【問い合わせ先】GARUTSU株式会社
住所:弘前市代官町13-1
電話番号:0172-55-6170
HP:https://garutsu.co.jp/

③トキあっぷる社『赤の仲間入りCidre』750ml

4,250円(税込)
🍷5%
🍎御所川原、栄紅、レッドキュー
甘口←1 2 3 ④ 5→辛口
◆販売時期:限定450本がなくなるまで
◆販売店:立佞武多の館(五所川原市)
◆ネットショップ:https://shop.toki-apple.com/
https://www.hokusaikan.com/products/list?category_id=32 (あおもり北彩館)
◆特長:果実まで赤い希少品種のりんご「赤~いりんご 御所川原」を使った「赤~いシードル」。「御所川原」、「栄紅」、「レッドキュー」の3品種を1:1:3でブレンドしたシードルです。グラスに注ぐとりんごの香りがダイレクトに広がり、白い泡によってピンク色が映えてとても綺麗。色合いからお祝いやデートにおすすめです。原料由来のフレッシュな酸味と程良い渋みがある本格派のドライシードルで、どんなお料理にも合います。

【問い合わせ先】トキあっぷる社
住所:五所川原市大字神山字牧原15-1
電話番号:0173-29-3016
HP:https://www.facebook.com/toki.apple.jp

④ニッカウヰスキー株式会社『ニッカシードルスイート』200ml

🍷3%
🍎ふじを主体とした混合種
甘口←① 2 3 4 5→辛口
◆販売時期:通年
◆販売店:青森県内の酒販店(スーパーマーケット、コンビニエンスストア、百貨店等)
◆特長:国産りんご100%で造られたスパークリングワイン。りんごを丸ごと丁寧に搾った果汁から生まれました。さらに、糖類・香料も使用されていないのでりんごそのもののみずみずしい味わいが楽しめます。やさしい甘さで、フルーティーな味わいが特長です。

【問い合わせ先】ニッカウヰスキー株式会社弘前工場
住所:弘前市大字栄町2丁目1-1
電話番号:0172-35-2511
HP:https://www.asahibeer.co.jp/cidre/

⑤有限会社サンアップル醸造ジャパン『LOVEVADOSアップルブランデー』500ml

2,860円(税込)
🍷25%
🍎紅玉、ふじ、むつ、他多品種
甘口←1 2 3 ④ 5→辛口
◆販売時期:通年
◆販売店:モホドリ蒸溜研究所直営店(五所川原市)、県内百貨店・酒店等、青森・岩手えぇもんショップ(大阪市)
◆ネットショップ:https://www.mohodori.shop/
◆特長:青森県産りんご、白神酵母、岩木山の伏流水と青森県産100%の原料で造られたホワイトブランデー。りんごの風味を残すため樽詰めしない透明なお酒です。蒸留酒なので糖質ゼロ、ソーダで割れば食事にも合うすっきりとした飲み心地です。

【問い合わせ先】モホドリ蒸溜研究所
住所:五所川原市大町508-5
電話番号:0173-23-5805
HP:https://www.mohodori.com/

⑥弘前銘醸株式会社『弘前城しいどる/無ろ過スイート』500ml

1,650円(税込)
🍷3%
🍎サンふじ主体
甘口←① 2 3 4 5→辛口
◆販売時期:通年
◆販売店: 弘前銘醸ハチドリ酒店(弘前市)、アスパム物産(青森市)、あおもり北彩館(青森市)、A-FACTORY(青森市)、弘前市りんご公園(青森市)、弘前市立観光館さくらはうす(弘前市)、中三弘前店(弘前市)ほか
◆ネットショップ:https://www.hirosakimeijo.com/https://aomori-cidre.shop/
◆特長:弘前城にある「日本最古のソメイヨシノ」の天然花酵母「弘前さくら酵母」を使い、青森りんご100%で造られた無ろ過(にごりタイプ)・甘口のシードル。りんごの果実味あふれる甘酸っぱくしっかりとした味わいに、さくら酵母が生み出す独特の「和」の風味が特長で、低アルコールですっきり、さっぱりとした味わいは、女性や普段あまりお酒を飲まない方におすすめです。2020キングオブりんご酒A-1グランプリで優勝しています。

【問い合わせ先】弘前銘醸株式会社
住所:弘前市富田3-7-1
電話番号:0172-32-4241
HP:https://www.hirosakimeijo.com/

☆シードルは他にもたくさん種類があります。ぜひこちらもご覧ください。
ヨリドリミドリ
広報ひろさき 令和3年5月1日号 「私たちのりんご酒にカンパイ!弘前シードル」

「県産酒を買って贈って応援キャンペーン」実施中!

今回ご紹介する「シードル」のほかにも、日本酒、ワイン、ビールなど青森県にはおいしいお酒がたくさんあります。
青森県のお酒をもっと県内外の方に知っていただくため、「県産酒を買って贈って応援キャンペーン」を実施しています。
このキャンペーンは、県内の小売店で青森県産酒を税込3,000円以上購入し、県外へ発送した方の中から、抽選で合計6,000名様に、県内の酒造メーカー各社がオススメする県産酒があたるキャンペーンです。
詳しくはこちらをご覧ください

注目の商品がズラリ

県産品を活用した冷凍食品を紹介します!

2022年3月
県産品を活用した冷凍食品を紹介します!

青森うまれの「できるだし」全商品リニューアル!

2021年11月
青森うまれの「できるだし」全商品リニューアル!

令和3年度青森県特産品コンクール受賞商品を全て紹介します!

2021年9月
令和3年度青森県特産品コンクール受賞商品を全て紹介します!

ページトップへ戻る