あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

酒米「吟烏帽子」を使用した清酒(2019年7月)

酒米「吟烏帽子」を使用した清酒

「青天の霹靂」に続いて、青森県に新たなお米の品種が誕生しました。その名は、「吟烏帽子(ぎんえぼし)」。
同じお米でも、ごはんとして食べる飯米ではなく、日本酒造りに向くお米、酒米の新品種です。
今月は、「吟烏帽子」を使った清酒をご紹介します。

県南の酒造会社の願いから生まれた待望の品種

日本酒の国内出荷量は年々減少していますが、原料や製法にこだわった、純米酒や純米吟醸酒などの「特定名称酒」と呼ばれる高品質な日本酒を好む人が増えており、特定名称酒の出荷量は増加傾向にあります。特に、原料である酒米が注目を浴びており、「山田錦」や「雄町」などの有名な品種にはお米自体にファンがいます。
使用するぶどう品種で選ばれるワインのように、使われているお米でお酒を選ぶ楽しみ方が広がっています。

青森県には、「華吹雪」、「華想い」といった酒米があり、それらの酒米と杜氏の技術により、全国に誇れる美味しい日本酒が作られてきました。
ただ、これらの酒米は、津軽地域に向く品種で、やませが吹く県南地域では、栽培が難しく、県南地域にある酒造会社にとって、自分たちの地域で栽培された酒米で酒づくりをすることが長年の願いでした。

そんな県南の酒造会社の想いを受け、青森県産業技術センターは県南地域が作付け推奨地帯となる酒米「吟烏帽子」を育成しました。

酒米「吟烏帽子」ってこんなお米!

「吟烏帽子」は、寒さに強く、病気にも強いことから、県南や下北地域の生産者が安心して栽培できる頼もしい品種です。
酒米の特性として、粒の中心にあるでんぷんの層「心白」(しんぱく)が発現することで、中心が白っぽく見えます。この心白は、大きすぎると米が割れやすくなってしまいますが、「吟烏帽子」の心白は、適度な大きさで、しかも、米粒の中心に位置することが多いため、50%まで精米しても、心白がしっかりと残っています。これは酒米の王様と言われる「山田錦」と同じ特徴です。

また、「華吹雪」よりも米に硬さがあり、高度な精米をしても割れが少ないことから、純米酒から純米大吟醸クラスまで、幅広く使用できるお米です。
醸造試験でも、「吟烏帽子」の清酒は、香りが華やかで、すっきりと酸味がほどよくきいており、とても上質なお酒となったことから、県内の酒造会社から大いに期待されています。

今年から「吟烏帽子」の清酒が味わえます!

6月24日に、「吟烏帽子」を使った清酒を発売する県南・下北地域の4つの酒造会社が知事表敬を行いました。
清酒は6月下旬から順次発売されており、現在は、八戸酒造と桃川の2社から商品が販売されています。

八仙 純米大吟醸40

「吟烏帽子」の開発当初から試験醸造を行い、「吟烏帽子」と向き合ってきた八戸酒造。
これまでも県産米のみを原料に酒づくりをしており、代表銘柄の「八仙」は、フルーティーで華やかな味わいで、ファンが多いお酒です。

これまで「華想い」や「レイメイ」といった品種で醸造してきた純米大吟醸40という銘柄の新たなラインナップとして、「八仙 純米大吟醸40」が6月末に県内で先行発売されています。

八戸酒造らしい華やかな香りにすっきりとした味わいがあります。
お食事と一緒に、ワイングラスのような酒器でゆったりと飲んでいただけるお酒です。

商品概要

商品名八仙 純米大吟醸40
価格3,300円(税別)
内容量720ml
販売店八戸市:八食センター、くるみや、木津商店、たなぶ酒販、金入ミュージアムショップ、加藤酒店、オリエンタル酒販、カネサ藤原屋八戸支店
青森市:佐藤商店、かめや酒店、酒舗たかはし
三沢市:中居酒店
平内町:辻村商店
外ヶ浜町:はただ酒店

お問い合わせ

八戸酒造株式会社

住所青森県八戸市湊町本町9
電話0178-33-1171
ホームページ八戸酒造株式会社ホームページ

桃川 吟烏帽子 大吟醸純米酒

「吟烏帽子」の名前の由来は、県南地域を象徴するえんぶりの烏帽子の格調高い姿と稔ってこうべをたれた稲の姿を重ね、さらに酒米を意識して命名されています。

桃川からは、「吟烏帽子」の名前のイメージをラベルにした純米大吟醸「桃川 吟烏帽子 大吟醸純米酒」(写真左)が同じく6月下旬から発売されています。香りと適度な酸味を感じる味わいで、暑くなってきた今の時期、きゅっと冷やして飲めば心地よい味わいです。

また、「吟烏帽子」をワイン酵母で仕込んだ「桃川 ワイン酵母仕込み 大吟醸純米酒」(写真右)も発売されました。ほのかな酸を感じるすっきりとした味わいで、日本酒に親しみのない若い方にも手に取っていただきやすい商品です。

商品概要

商品名

①桃川 吟烏帽子 大吟醸純米酒

②桃川 ワイン酵母仕込み 大吟醸純米酒

価格

①1,580円(税別)

②1,380円(税別)

内容量 720ml
販売店 八戸市:八食センター、ユートリー、三春屋 など

お問い合わせ

桃川株式会社

住所 青森県上北郡おいらせ町上明堂112
電話 0178-52-2241
ホームページ 桃川株式会社ホームページ

 

8月には十和田市の鳩正宗株式会社から、そして9月にはむつ市有限会社の関乃井酒造から、それぞれ「吟烏帽子」のお酒が発売される予定となっています。

各酒造会社の個性が光る酒米「吟烏帽子」の清酒たち、ぜひ味わってみてくださいね。

関連ページ


注目の商品がズラリ

青森りんごから生まれた新商品「りんごの秘蜜」

2011年6月
青森りんごから生まれた新商品「りんごの秘蜜」

青森うまれの「できるだし」

2015年3月
青森うまれの「できるだし」

牡蠣お重

2016年4月
牡蠣お重

ページトップへ戻る