トップページ:あおもり食のエリア > はちのへ 食のエリア:八戸らーめん

《あおもり食のエリア》はちのへ 食のエリア
コレ食べて!
懐かしの昔味

八戸らーめん


八戸らーめん

 昭和初期から八戸市民に親しまれてきたラーメンで、ちぢれ細麺にスープは醤油をベースに、近海で獲れた煮干し・地鶏ガラ・豚骨でダシを取った、あっさりとしながら深みのある味わいが人気です。

スープ
 透き通ったスープからほのかに香る煮干しダシは、独特の味わいや香りを引き出している。他に、地鶏ガラ、豚骨、昆布、野菜各種も使用しており、煮干しを引き立てている。
醤油(オリジナルブレンド)
 地元メーカーの醤油を数種類ブレンドして、ごく微量の塩を加えている。

 昔ながらのちぢれ細麺。コシとツルツル感が特徴で、八戸らーめんを語る上で欠かせない存在。
チャーシュー
 豚バラ肉を使用し、油で揚げるまたは焼いて仕上げる。これによってジューシーな食感を出る。

 煮干しと八戸らーめんのロゴがデザインされている。

写真 写真

提供店マップ

QRコード 地図からお店を検索することができます。(下のリンクをクリックして下さい。 )

上記マップの掲載内容については、予告なく変更になっている場合がありますので、 正確な情報は必ず各店舗にお問い合わせください。


事務局(お問合先)

八戸らーめん会

  • 住所:八戸市堀端町2-3 (八戸商工会議所内)
  • 電話:0178-43-5111/FAX:0178-46-2810

八戸らーめんのトリビア

  • 八戸のラーメンの歴史は、今から70年以上も前に遡る昭和3年頃(1928年)。東京で十数台のラーメン屋台を経営していた鄭克銓(テイコクセン)氏が、八戸市に食堂”来々軒”を開店し、”支那そば”を売り出したのが始まりと言われている。鄭克銓のラーメンは大変な話題を生み、近隣には次々とラーメン店が開店した。
  • 平成14年、鄭克銓(テイコクセン)氏のラーメンを地元の誇りとして残して行きたいとの思いで、八戸商工会議所が中心となって「八戸らーめん」として復刻。
  • 平成19年には、復刻5周年を記念して青森県産りんご酢を使用した夏季限定商品「冷やし八戸中華」を商品化。
写真
昔ながらのちぢれ細麺
写真夏季限定商品「冷やし八戸中華」

ネットショップ

QRコード下記オンラインショップにて、 八戸らーめんがお買い求めいただけます。ぜひ一度ご賞味ください!


コレもおすすめ!

はちのへ 食のエリアの登録料理

写真
八戸せんべい汁

ご当地グルメの火付け役
写真
八戸前沖さば料理

庶民の味が全国有数のブランドに飛躍
写真
八戸ばくだん

八戸のイカを使ったご当地どんぶり
写真
いちご煮

ウニとアワビの潮汁に仕立てたお吸い物
写真
はちのへ殿様御膳

八戸藩 最後の藩主 南部信順公の気分で食す祝い膳
 

こちらもチェック!

はちのへ 食のエリアのうまいものたち

写真
「飲むヨーグルト」と「薫りたつ牛乳」

県内酪農発祥の地といわれる新郷村のこだわりの乳製品
写真
青森県産田子豚ロースみそ漬け

ジューシーな豚肉を素朴な味噌の香りとともに
写真
コムラの昔づくりのなんばんみそ

秋冬限定、昔ながらの素朴な味。ご飯のお供にピッタリ。
写真
あんず 八助(はちすけ)

南部町で古くから栽培され、「八助梅」と呼ばれ親しまれているあんず

周辺産直情報(県内直売所情報)

はちのへ 食のエリアの郷土料理

観光情報(外部サイト「青森県観光情報アプティネット」へリンクしています)

掲載日:2010年11月1日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2013 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.