あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

ながいも

ながいも

青森県のながいもは、全国有数の出荷量を誇り、国内流通量の約4割を占めています。近年は、アメリカや台湾に輸出され、東洋系住民向けの食材や薬膳用として使われています。
5月に植え付けが始まり、11~12月(秋堀り)と越冬後の3~4月(春堀り)の年2回収穫されます。
品種は、首が短く肉付の良いガンクミジカと呼ばれる丸尻で短めの系統が普及しており、肉質が柔らかくアクがないのが特徴です。

ながいもの選び方

・皮の表面がなめらかでつやのあるもの。ひげ根は少ない方がよい
・皮の色が均一でふっくらと太くずっしりとしているもの
・断面が白くみずみずしいもの

ながいもの保存・調理方法

1本丸ごとのものは、新聞紙などにくるんで風通しの良い涼しい場所に保管し、冬期間は凍らせないように注意します。カットしたものは、切り口が空気に触れないようにラップをして冷蔵保存します。ながいもと言えば、とろろや短冊切りにして食べるものが一般的ですが、浅漬けや素揚げなどもおすすめです。

主な生産地

三八 八戸市、田子町、五戸町、南部町、三戸町、新郷村、階上町
西北 五所川原市、つがる市
上北 十和田市、七戸町、東北町、六ヶ所村、横浜町、三沢市、六戸町、野辺地町、おいらせ町

流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ページトップへ戻る