あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

南部太ねぎ

南部太ねぎ

「南部太ねぎ」は、南部町の生産者によって品種研究され、昭和39年に種苗登録された伝統野菜です。太いものでは白根の部分が直径3cmを超え、長さも1m前後まで育ちます。栽培方法が難しく、また、栽培しやすいF1品種の登場により、絶滅の危機に陥りました。
その危機を救ったのが、南部町にある県立名久井農業高校の生徒たちです。地元の伝統野菜を絶やしてはいけないと、町内にただ一人残っていた栽培者から種を譲り受け、学校のほ場で栽培し、種を取り、今につなげてきました。現在は、若手農家に引き継がれ、少しずつ生産面積を増やし、復活の道筋をたどっています。
名久井農業高校では、種の伝承のほか、より効率的に栽培できるよう、新たな栽培方法を研究し続けています 。
南部太ねぎは、一般品種のねぎと比べ糖度は1.5倍以上で、緑の葉の部分までおいしく食べられます。加熱すると更に甘みが際立ち、鍋はもちろん、焼いたり、天ぷらなどでもおいしくいただけます。

南部太ねぎ
南部太ねぎ ハウス
南部太ねぎ 天ぷら

主な生産地

南部町

流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ページトップへ戻る