あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森の郷土料理とは

青森県の郷土料理

白神山地や八甲田連峰等の山々、緑豊かな森林や肥沃な大地を有し、陸奥湾を抱き込み、日本海や太平洋、津軽海峡の三つの海に囲まれた青森県は、海の幸と山の幸に恵まれています。
県内の農山漁村では、豊かな食材と地域の食文化に根ざす伝統料理等が、優れた技とともに大切に伝えられてきました。
青森県は、地域によって気候や風土が大きく異なることから、食文化にも違いがあります。津軽地方は米を主体とした料理、南部地方は雑穀 (粉食)を主体とした料理、下北地方はいもを主体とした料理、沿岸地帯は海産物を主体とした料理、といった地域の特性を生かした特徴的な食文化圏を形成しています。

各地帯の概要

津軽地方

南津軽郡田舎館村にある弥生時代の垂柳遺跡からも知られるように、古くからの穀倉地帯であり、米ともちを使った料理を中心に多彩な料理が発達しているほか、祭事に伴う行事食も多く伝えられています。
津軽地方の郷土料理

南部地方

夏にヤマセ(オホーツクから吹く冷たく湿った東風)が吹きつけることから、稲作には非常に厳しい気象条件となっているため、根菜をメインとした畑作地帯が広がっています。小麦粉やそば粉、あわやひえなどの雑穀を使った料理が多く、せんべい汁やひっつみなどが、年中の食事にみられます。
南部地方の郷土料理

下北地方

下北地方は、気象条件が厳しいため、粉・雑穀料理に加え、いも料理も多く作られています。また、もち料理や魚介類を使った独特の料理も数多く伝えられています。
下北地方の郷土料理

沿岸地帯

日本海、太平洋、津軽海峡、陸奥湾に面した沿岸地域では、豊富に水揚げされる魚介類や海藻を使った料理が伝えられています。
沿岸地帯の郷土料理

津軽地方

南部地方

下北地方

沿岸地帯


ページトップへ戻る