トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2013年11月号「おいらせだるま芋へっちょこ汁」

特集:あおもりの旬 2013年11月号「おいらせだるま芋へっちょこ汁」

 昨年度、「あおもり食のエリア」の登録料理に6つの新たな料理が加わりました。今回は、その中から今の季節にピッタリの「おいらせだるま芋へっちょこ汁」をご紹介します。


おいらせの厳選素材が詰まった「おいらせだるま芋へっちょこ汁」

 「おいらせだるま芋へっちょこ汁」は、長いもすいとんをベースにし、おいらせ町特産のだるま芋(長いもの一種)や同じく特産のニンジン・ゴボウ・長ネギなどを"銀の鴨"のだしで煮込んだ汁ものです。
 だるま芋で作ったへっちょこだんごのモチモチ、ツルッとした食感やスープがからみやすいへっちょこ(おへそ)の形が特徴です。

《おいらせの厳選素材》

写真 写真 写真


生産者と町の高校生が共同開発!

 おいらせ町は2006年に旧百石町と旧下田町が合併してできた新しい町です。旧下田町で親しまれてきた郷土料理「長いもすいとん」をアレンジして新しい町の特産に育てていこうと"新"「長いもすいとん」の研究開発が始まりました。
 おいらせ町の特産物の特徴を見極めながら、生産者や町、地元の百石高等学校食物調理科など、多くの団体の協力で「おいらせだるま芋へっちょこ汁」が誕生しました。

《開発者の声》

 「おいらせだるま芋へっちょこ汁」開発には多くの方が携わっています。その開発者の声の一部をご紹介します。


「おいらせだるま芋へっちょこ汁」を味わうには


写真
のぼり旗

 「おいらせだるま芋へっちょこ汁」はおいらせ町内の10軒(H25.2.28現在)の飲食店で味わうことができます(のぼり旗が目印です)。

お食事処 野ぎく
青森県上北郡おいらせ町馳下り11-5
相撲茶屋 月見亭
青森県上北郡おいらせ町染屋116-1
丼ぶり どんちゃん
(イオンモール下田2階フードコート)
青森県上北郡おいらせ町中野平40-1
農園れすとらん 百果良彩
(観光農園「アグリの里おいらせ」)
青森県上北郡おいらせ町向山東2-2-1684
きっちんエブリー【要予約】
(いちょう公園・ジョイハウス内)
青森県上北郡おいらせ町沼端14-161
まんぷく亭 かわむら【要予約】
青森県上北郡おいらせ町上明堂107-1
和処 まかない【要予約】
青森県上北郡おいらせ町上明堂107
居酒屋やきとり あき子【要予約】
青森県上北郡おいらせ町上明堂107
和風スナック 久(きゅう)【要予約】
青森県上北郡おいらせ町上明堂62-13
割烹仕出し すみれ【要予約】
青森県上北郡おいらせ町上明堂88-5

季節によって取扱していない場合があります。

《提供店マップ》クリックで拡大
マップ

 また、おいらせ町の街なかサロンおいらせ屋(おいらせ町上明堂113-1)では、「おいらせだるま芋へっちょこ汁」に欠かせないへっちょこだんご、へっちょこ汁専用スープ、銀の鴨スライス(モモ)を販売しているほか、県内デパート(中三)で銀の鴨のつみれがセットになったギフトも販売予定です。

写真
おいらせだるま芋へっちょこ汁セット
写真
おいらせだるま芋へっちょこ汁鍋

「あおもり食のエリア」への登録

 新しいご当地メニューとして、誕生した「おいらせだるま芋へっちょこ汁」は、今年3月下旬に「あおもり食のエリア」に登録されました。これからますます提供店も拡大し、メニューも増えていきますのでどうぞお楽しみに!
 おいらせ町までは、東北新幹線の八戸駅から、十和田観光バス、タクシーなどで約25分、三沢空港から車で約20分です。温泉や観光施設を巡りながら青森の食をご堪能ください。

観光情報は「青森県観光情報アプティネット」をご覧ください。
バナー

【おいらせだるま芋へっちょこ汁に関するお問い合わせ先】

 おいらせブランド推進協議会
住所:十和田市大字三本木字野崎1-3
電話:0178-80-7280
HP:http://oirasekiyoraka.com/



掲載日 2013.11.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.