あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

牛肉

恵まれた大自然の中で、良質な粗飼料をうまく利用して健康的に育てられています。八甲田山麓、十和田湖周辺、下北半島、津軽地域に合わせて94か所(平成27年度。全国第3位の牧場数)の 公共牧場があり、約5,600頭の肉用牛が放牧されています。青森の牛肉は、緑豊かな大地と清らかな水、そして畜産農家が愛情たっぷりに大切に育てた逸品です。

あおもり黒毛和牛

倉石牛、十和田湖和牛、田子牛などの代表銘柄牛があります。その中でも倉石牛は“平成10年度第8回東北牛匠会肉牛共進会”で名誉賞、最優秀賞、優秀賞の上位3賞を独占したほか、“平成15年度第5回全農牛肉枝肉共励会会で最高位の名誉賞、“平成20年度全国肉用牛枝肉共励会”でも名誉賞を受賞するなど、首都圏でも高い評価を得ています。

あおもり黒毛和牛の特徴
1.きめ細かく、柔らかい上質な肉質と脂肪が細かく入った美しい霜降りが特徴。
味覚的に日本人の嗜好にあった肉です。
2.脂肪含有量が高く、低温でもとろりと溶けるので、舌の上でとろけるような豊潤な
味わいがあります。
3.オリーブオイルやナッツ類に多く含まれるオレイン酸が豊富に含まれています。

あおもり短角牛

春に生まれた短角牛の子牛は、母牛とともに紅葉が終わるまで八甲田山麓の牧場で思いっきり放牧され、大自然の中で草を食べて元気いっぱい健康に育ちます。

あおもり短角牛の特徴
1.脂肪分が少ない赤身肉が主体で、ヘルシーです。
2.短角牛の肉は、一般の和牛に比べてグルタミン酸とアラニン酸に富んでいます。
風味がよく、脂肪の旨みではなく肉本来のおいしさ・旨みを味わうことができます。

主な生産地

県内全域

ページトップへ戻る