あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

タラ

タラ

水深150~200mに生息する魚で、12月から2月にかけて、産卵のため陸奥湾に帰ってきます。その時期は、白子やタラコをたくさんおなかに抱え、最もおいしい時期です。むつ市脇野沢は昔からタラの里として知られ、12月初旬にタラ漁が解禁になると、網の仕掛け場所を争う恒例の「場とり」が繰り広げられます。
タラを三枚おろしにした後に残る内蔵、ひれ、骨等のアラと、大根、白菜、豆腐、ネギなどを一緒に煮込んだ“じゃっぱ汁”は青森県の郷土料理のひとつで、冬の定番料理です。
白子はタツと呼ばれ、新鮮なものは刺身で食されるなど濃厚な味わいが楽しめます。卵は塩漬けにしたり子和えに利用されます。身は高タンパク・低カロリーで、ヘルシーな魚です。

主な生産地

八戸市、深浦町、六ヶ所村、むつ市、佐井村

流通時期

season…旬の時期 dis…流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
season
season
dis
dis
dis
dis
dis
dis
dis
dis
dis
season

ページトップへ戻る