あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

ぶどう

ぶどう

青森県のぶどうは、りんごの次に生産量が多い果樹で、県南地方ではキャンベル・アーリー、津軽地方ではスチューベンが主に栽培されています。なかでも鶴田町は、日本一のスチューベン産地となっています。
スチューベンはニューヨーク生まれのぶどうで、酸味が少なく濃厚な甘みが特徴で、貯蔵性に優れ真冬までおいしく食べられるため、端境期出荷されています。
下北半島では、冷涼な気候風土を生かし、日本では栽培が困難と言われたワイン用の品種ピノ・ノワールなども栽培され、それらのぶどうを使って「下北ワイン」が醸造されています。
ぶどうの皮の部分に多く含まれるアントシニアンは、抗酸化作用が高く生活習慣病の予防に効果があると言われ、実の部分に含まれるブドウ糖や果糖は、疲労回復に効果があると言われています。

主な生産地

鶴田町、南部町、板柳町、弘前市、三戸町

流通時期

season…旬の時期 dis…流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
dis
dis
dis
season
season
dis
dis

ページトップへ戻る