あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

いももちのじゅねあえ・おしるこ

いももちのじゅねあえ 青森県下北地方の郷土料理

下北地方では、夏場のヤマセが吹き付ける寒冷な気候にも耐える“じゃがいも”が昔から重宝され、雑穀や粉食に加えて主食とされてきました。収穫されたじゃがいもはそのまま利用するものや凍み芋、でんぷんで作る料理など様々な工夫がされてきました。
じゃがいもを使って「いももち」を作り、“じゅね”(エゴマ)で作る味噌やごまで和えたり、おしるこなどにして食べられています。
「いももち」は津軽半島の沿岸部でも昔から日常食として食べられていたと言います。


ページトップへ戻る