あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

いちご煮

いちご煮 青森県沿岸地帯の郷土料理

「いちご煮」は、ウニとアワビを使い潮汁に仕立てたお吸い物で、青森県階上町の郷土料理です。仕上げに青紫蘇の千切りやねぎのみじん切りをちらし、磯の香りと紫蘇の香りがなんとも言えずおいしい、見た目にも上品な晴れの日の一番吸い物です。 乳白色のスープに沈むウニの姿が、朝霧の中にかすむ野いちごのように見えることからこの名が付けられたといわれています。 「いちご煮」は、ウニとアワビという豪華な食材を使用し、見た目と香りで食欲をそそる浜の贅沢品ですが、漁家では日常食として食べていた料理です。 階上町では、毎年7月下旬の2日間“いちご煮祭り”が開催されています。


青森県内の「いちご煮」提供店

東京・関西の「いちご煮」提供店

ページトップへ戻る