あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

あんこうのともあえ

あんこうのともあえ 青森県沿岸地帯の郷土料理

下北地方で昔から食べられている郷土料理の一つで、アンコウの身と肝を使った和え物です。青森県でアンコウと言えば“キアンコウ”の事で、特性上、つるし切りや、風間浦村では“雪中切り”で解体されます。
アンコウは捨てるところがなく、肝、卵巣、ひれ、えら、胃袋、皮、身全てを利用できます。特に肝は“海のフォアグラ”と呼ばれ、濃厚な旨みがあります。
ともあえは、味噌を合わせることで適度に身が締まり、上品なおいしさを味わえます。


東京・関西の「あんこうのともあえ」提供店

ページトップへ戻る