あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

ねりごみ(ねりこみ)(2021年4月)

ねりごみは、精進料理で、野菜を「くず寄せ」にして作った料理が始まりと言われています。津軽では、このくず汁をおいしくするために砂糖を多く使うのが特徴の郷土料理です。
地域によっては、さつまいもの代わりにじゃがいもやさといもで作ったり、片栗粉の代わりにつぶを入れ、その粘りを利用して作ったりすることもあります。

材料(5人分)

さつまいも 1本
にんじん 1本
油揚げ 大1枚
こんにゃく 1本
砂糖 175g
片栗粉 大さじ1 1/2(適量)
少々

作り方

  1. さつまいもは皮をむいて、大きめの乱切りにします。
  2. にんじんは皮をむいて、小さめの乱切りにします。
  3. 油揚げは、一口大の三角に切ります。
  4. こんにゃくは太めの短冊切りにします。
  5. 最初ににんじんを鍋に入れ、すべての材料がひたひたになるくらいの水を加えて煮ます。
  6. にんじんが煮えたら、さつまいも、油揚げ、こんにゃくを入れ、砂糖を加えます。
  7. さつまいもが柔らかくなったら、塩を入れます。
  8. 片栗粉を水溶きして加え、とろみがついたら火を止めます。

【動画】津軽の郷土料理「ねりごみ」


あおうまクッキング 2011年11月号:津軽の郷土料理「ねりごみ」

関連ページ

資料ダウンロード(こちらから「食の文化伝承ガイドブック」をご覧いただけます)


動画で見る 青森レシピ


ページトップへ戻る