あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青天のショコラ・青天のフィナンシェ・青天のフィナンシェ(抹茶)(2017年5月)

青天のショコラ・青天のフィナンシェ・青天のフィナンシェ(抹茶)

JR東日本グループと弘前市の株式会社ラグノオささきの共同開発により誕生した、青森県初の特A米「青天の霹靂」の米粉を使用したお菓子「青天のショコラ」「青天のフィナンシェ」「青天のフィナンシェ(抹茶)」を紹介します。

JR東日本グループの「地域素材応援プログラム」

JR東日本グループでは、地域ブランドの創出を支援し、持続的な地域産業の活性化を目指す『地域素材応援プログラム』に取り組んでおり、その中で青森県については、初の特A米「青天の霹靂」を素材として選定し、多面的なプロモーションを展開していくこととしています。
  今回は、株式会社ラグノオささきの協力のもと、「青天の霹靂」の米粉を使用したお菓子が共同開発され、「青天の霹靂」の魅力を全国に発信すべく、4月20日に県内外のJR東日本グループ約150店舗で発売が開始されました 。

株式会社ラグノオささきによる商品開発

「青天のショコラ」「青天のフィナンシェ」「青天のフィナンシェ(抹茶)」ポスター

米粉は、小麦粉と異なりグルテンが無く膨らみにくいこと、また吸水性が高いため、焼き菓子に加工した場合、時間が経つとしっとりした食感が無くなることなど、製品化するには難しい点が多くありました。
 しかし、青森県初の特A米「青天の霹靂」の米粉を使用 したお菓子を開発し、皆さんに喜んでもらいたいという 株式会社ラグノオささきのスタッフの熱い思いと、長年培われた技術により、困難を克服して完成させました。

パッケージ・ポスターに込めた想い

「当社のお菓子には、これまであまりパッケージの色に青を使うことはありませんでしたが、青い森、青い海のある青森県のイメージと、「青天の霹靂」の青を強調したデザインにしました。本県を代表する商品の一つとして、皆さんにかわいがっていただきたいですね。」と語るのは、株式会社ラグノオささきの木村公保社長。青い色とお米の形のコンビネーションが効いたパッケージは、他の商品の中でも目を引きます。
  また、各店舗やJRの駅構内に掲示されるポスターは、まさに稲妻のごとく青森県に誕生した「青天の霹靂」を使用したお菓子として、印象的なデザインとなりました 。

商品ラインナップ

青天のショコラ(左)青天のフィナンシェ(中央)青天のフィナンシェ・抹茶(右)

「青天のショコラ(写真左)」

 チョコレートの濃厚さと米粉の風味が絶妙にマッチングした一品。ピーカンナッツ入りで、食感の良さも楽しめます。

「青天のフィナンシェ(写真中央)」
「青天のフィナンシェ・抹茶(写真右)」

 プレーン味は、アーモンドパウダーとバターの豊かな香りの中に、ほんのりとしたお米の風味が生きているしっとりとしたお菓子です。
  抹茶味は、プレーン味の持つ風味はそのままに、さらに抹茶の香りと相性が良い金時豆の甘煮が味と食感のアクセントになっています。

商品概要

価格青天のショコラ 1個 195円
青天のフィナンシェ 1個 162円
青天のフィナンシェ(抹茶)1個 184円
販売店ラグノオささきサイト
・A-Factory
・あおもり旬味館新青森駅店、
・美味(びみ)山海(さんかい)新青森駅店
・ぐるっと遊青森駅店
・Newdays
・KIOSK
・ラグノオの直営店舗 他、県内外約150店舗で展開

お問い合わせ

株式会社ラグノオささき

住所〒036-8035 青森県弘前市百石町9
電話0172-35-0353

注目の商品がズラリ

これまでにない新感覚の鯖のおいしさ「鯖スパイシーマリネ」

2011年12月
これまでにない新感覚の鯖のおいしさ「鯖スパイシーマリネ」

八戸サバ缶バー

2018年9月
八戸サバ缶バー

海峡サーモン ほぐし身茶漬け

2019年6月
海峡サーモン ほぐし身茶漬け

ページトップへ戻る