あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

サケ

サケ

サケは、河川でふ化した後降海し、数年北洋で回遊しながら成長して、やがて産卵のため生まれた河川に遡上してきます。
本県では、明治時代から人工ふ化放流が行われており、現在は県内12河川で延べ1億尾以上の稚魚を放流し、資源の維持と増大に努めています。
サケは捨てるところがなく、メフン(腎臓の塩辛)は珍味とされ、頭部の軟骨を使った氷頭ナマスや、卵を加工したイクラや筋子も人気です。
1世帯当たりのサケ購入数量(県庁所在地)は青森市が全国1位で、青森の食卓には欠かせない魚です。

主な生産地

八戸市、深浦町、三沢市、むつ市、東通村

流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ページトップへ戻る