あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森特産品図鑑

サバ

サバ

青森県は古くからサバの全国的な産地として知られており、特に八戸前沖で獲れるサバは、親潮や黒潮、津軽暖流など、海流が複雑に変化する海域で、サバのエサとなるプランクトンが多く、例年9月になると海水温が低下することから粗脂肪分が多くなり、“脂がのった旨味のあるサバ”として高い評価を得ています。
トップシーズンに八戸沖で獲れる600g以上のサバは、粗脂肪分が30%に達することから、12%程度とされている一般的なサバに比べると、八戸前沖のサバの粗脂肪分がいかに高いかがわかります。
八戸前沖さばブランド協議会が認定した期間に八戸前沖で漁獲し、八戸港に水揚げされたものだけが「八戸前沖さば」と認定されます。この認定期間は、水揚げ状況や身に含まれる脂肪分、魚体の重量などを参考に毎年判断され、脂肪分はおおむね15%以上を目安としています。
八戸前沖さばの中でも、特に大型のものは「銀鯖」と呼ばれています。

主な生産地

八戸市

流通時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ページトップへ戻る