あおもり産品情報サイト

青森のうまいものたち

青森のしらうお(2008年9月)

青森のしらうお

青森県内最大の湖、小川原湖。この湖は、全国有数の水揚量を誇るシジミやワカサギ、しらうおなど、豊かな水産資源に恵まれています。
 今回ご紹介する「しらうお」の漁期は、9月から3月の秋漁と、4月から6月の春漁で、水揚量は全国の約7割の年間約700tと全国一を誇り、今やしらうお漁は、同地域を支える水産資源の1つとなっています。

「しらうお」と「しろうお」

しらうお

 「しらうお(シラウオ科)」は、漁獲が始まったばかりの9月の体長は約4cmですが、成長すると約10cmになります。4月から6月ごろに産卵のため内湾から河川や湖沼に上ります。
 非常に弱い魚で、漁で網から上げ、空気にふれるとほとんどが死んでしまいます。生きているときは無色透明ですが、死後は白色不透明となり、刺身として食卓に上ります。目は小さくて口は大きく、腹面に2列に並ぶ黒色点があるのが特徴です。

 似ている魚に「しろうお(ハゼ科)」があり、これは踊り食いが有名なほど強い魚で、酸素を注入した袋などで流通しています。青森県でも蟹田川などで獲れ、春の風物詩となっています。
 「しらうお」と「しろうお」を見分けるポイントは、脂びれ(尾びれの近くの小さい背びれ)の有無(「しろうお」は無し、「しらうお」は有り)、上から見た頭の形(しろうおは丸く、しらうおはとがっています。)などです。

しらうお
しろうお title=

漁獲は、一隻の船が円形に網をまいて行き、両端を引き寄せる船曳漁法で行います。その際に、船はアンカーで固定した状態で網を引き揚げ捕獲します。資源確保のため、毎月の操業日、漁獲量を決め、制限を設けています。小川原湖漁業協同組合では、現在、32隻の船が船曳網でしらうお漁を行っています。

しらうお漁
しらうお漁
しらうお漁
しらうお漁
しらうお漁

主な成分と効果

しらうお

 「しらうお」はナトリウム、リン、亜鉛など無機質が多く、魚体が小さくまるごと食べるのでカルシウム補給にも役立ちます。ミネラルのほかビタミンEやB2、B12、葉酸、Cなども多く含みます。

活しらうおを全国へ!

活しらうお
活しらうお

「しらうお」は網にかかるとすぐに死んでしまうほど繊細ですが、地元の漁師しか味わったことのない「しらうお」の踊り食いなど、生きた「しらうお」を食卓に提供することを目指して、平成9年度に地元料理店主などを中心に「上北町活しらうお販売研究会」が発足し、旧上北町役場や小川原湖漁業協同組合の協力を得て、平成12年度には「しらうお」を最長180日間生存させることに成功しました。
 決め手となったのが、塩分と水温。塩分濃度は小川原湖に近い0.4%から0.8%の間、水温は8度以下など、「しらうお」が生存しやすい条件を試行錯誤の末に見つけ出しました。
活しらうお 容器は、四角い入れ物では4隅に集まり折り重なって死んでしまうケースが多いことから円形にし、また、光に弱い性質であることから、黒いビニール袋に入れて輸送します。漁船から運び出す際にも、塩分濃度を調節した水を専用容器に入れて漁船に持ち込み、料理店に運んでいます。
 販路開拓へも積極的に取り組んでおり、東京の築地卸からの問い合わせもありますが、まだ「しろうお」との区別がつかない消費者も多く、認知度の向上が課題となっています。
 「しらうお」はもともと料亭などで扱われる高級食材で、会長の蛯名さんも、「東京の料理店などの需要も開拓し、付加価値をつけて販売していきたい。」と意気込んでいます。

しらうお 料理

しらうおのてんぷらてんぷら
しらうおの佃煮佃煮
しらうおの刺身刺身
しらうおの卵とじ卵とじ
しらうおの紫黒米ごはん紫黒米ごはん
しらうおの酢の物酢の物

リンク

青森特産品図鑑 > しらうお


旬の食材

2007年9月
毛まめ

2012年9月
清水森ナンバ

2013年9月
津軽の桃

ページトップへ戻る