トップページ > 今 この商品!>炭火焼干し(鰯、鯵、鯛)

今 この商品!(2008年3月)

じっくり炭火で炙って旨味を封じ込める 昔ながらの製法

炭火焼干し(鰯、鯵、鯛)

写真
青森県の下北半島、夏泊半島、津軽半島に囲まれた好漁場、陸奥(むつ)湾。
ホタテの養殖が盛んに行われる一方、ナマコやホヤの漁場ともなっている自然豊かなとても綺麗な海です。そんな陸奥湾で獲れた魚を、全て手作業で焼干しに加工しているのが外ヶ浜(そとがはま)物産です。ここでは陸奥湾から目と鼻の先に工場を構えているため、水揚げされた直後、鮮度抜群の状態で加工を始めることができます。

高級ダシとして市場に出回っている「焼干し」ですが、青森県津軽地方では昔から家庭で行われている加工文化で、下処理をした身だけを使い、青森県産の良質な天然木の炭で焼いて天日干しで乾燥させます。魚を煮てから乾燥させる「煮干し」とは異なり、旨みを逃がさず純粋で濃厚なダシが出ます。この地方では、そのまま味噌汁の具にしたり、醤油マヨネーズをつけておつまみにしたり、細かく粉末状にして魚の栄養を丸ごと取り込んだりといろいろと工夫して食べられています。

その作り方も独特で、炭火の周りに小魚を刺した串を立てて焼くことにより、魚の油が串を伝って炭に染み込むため火にかからないことから煙が立たず、煙くさくなりません。また、食感は天日干しであることから軟らかいため噛み切りやすく、雪深い冬期間もまきストーブ等を活用して干します。

外ヶ浜物産では、産地、自然、その日に採れたものをその日のうちに、と鮮度のよいものづくりにこだわり、この地域の主要産業である漁業者の所得向上につながるものをと、中途半端な大きさの小魚等に着目して付加価値をつけた商品開発に取り組みました。

写真 写真 写真
軽く天日で乾燥  昔ながらの囲炉裏のような道具を使い、
炭火でゆっくり焼きあげます。
写真 写真 写真
その日に採れたものをその日のうちに… 陸奥湾の恵みです

「炭火焼干し」のほかにも、次のとおりさまざまな陸奥湾産の海産物を使用した商品が数多く開発されています(写真は一部です)。

写真
【白干し帆立】
写真
【たこ燻製】
ボイルした帆立を天日干しにしました。 むつ湾の新鮮なたこだけを使い、桜等のチップでじっくり燻し、「りんごたまり醤油」で香り付け。
写真
【小鯵ピリ辛】
写真
【ほたて佃煮】
ピリ辛風に仕上げました。 帆立をふんだんに使い、独自のタレで旨みを引き出しました。

噛めば噛むほど広がる、青森県陸奥湾産海の幸の旨みをぜひお試しください。


【商品DATA】

  • 商品名:炭火焼干し(鰯、鯵、鯛)
  • 価格:鰯1,575円、鯵945円、鯛1,050円(税込価格)
  • 内容量:30g×3袋(90g)
  • 賞味期限:6ヶ月
  • 保存形態:常温
  • 販売先(予定):県内土産店、県内百貨店、県外百貨店など
    ※3月3、4日は青森県北彩館東京店(東京都飯田橋)で店頭催事を行います。
    ※品切れの場合もありますので、ご購入の際には事前に店にお問い合わせください。

【問い合わせ先】

株式会社外ヶ浜物産
 電話:0174−25−3222
 FAX:0174−25−3223
 住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘野田才ノ神28−7

*この商品の掲載情報については、2008年3月現在のものです。掲載情報が古くなっている場合もありますので、最新の情報については問い合わせ先にご確認ください。




バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.