トップページ > 今 この商品!

今 この商品!(2006年12月)

400年以上の歴史をもった唐辛子

「在来津軽清水森ナンバ」

写真在来津軽「清水森ナンバ」は、津軽藩の初代藩主・津軽為信公が京都から持ち帰って広めたと伝えられる、400年以上の歴史をもった唐辛子です。ナンバとは、津軽における唐辛子の呼び名で、南蛮に由来しているといわれています。

弘前市の清水森地区を中心に、ナンバの栽培が盛んになり、最盛期には全国の一大産地として名を馳せていましたが、昭和40年代から安価な輸入唐辛子が全国に流通するようになると、姿を消す寸前まで生産量が激減しました。

しかし、そんな伝統野菜を守り抜こうと地元の有志たちが結成した研究会では、種子の確保や育苗、土壌管理などによる良品生産とブランド化が進められています。

「清水森ナンバ」は、おおぶりで肩の大きく張ったいかつい姿をしていますが、甘みを含んだまろやかな辛味と風味の良さが特徴です。また、国内の唐辛子のなかでも群をぬいて糖分が多く、ビタミンA・C・Eを豊富に含んでいます。

そんなナンバを使った様々な加工品は、適度な辛さの中に引き立つ甘味と風味が楽しめる逸品です。
(写真下:前段にあるのが一味唐辛子。中段左からさもだし南蛮漬、清水森ナンバ醤油漬。)

【商品DATA】】※(1)税込価格 (2)容量 (3)賞味期限 (4)保存形態

  • 一味唐辛子
    (1)500円 (2)20g入り (3)製造日より1年(開封前) (4)常温
  • さもだし南蛮漬
    (1)300円 (2)90g入り (3)1週間  (4)冷蔵
  • 清水森ナンバ醤油漬
    (1)420円 (2)150g入り (3)1週間(冷蔵)、1ヶ月(冷凍) (4)冷蔵または冷凍

【お問い合わせ先】

青森県特産品センター
電話 0172-39-1811 Fax 0172-39-1212
住所 青森県弘前市亀甲町61→MAP
オフィシャルサイト http://www.aomori-shop.com/index.htm

*この商品の掲載情報については、2006年12月現在のものです。掲載情報が古くなっている場合もありますので、最新の情報については問い合わせ先にご確認ください。





バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.