トップページ > あおうまクッキング > 2010年1月号:かんな掛け芋の粉で「ばおり餅」と「じゅね餅」

あおうまクッキング

あおもりの郷土料理や、青森県産品を使ったお料理の数々、調理のコツなど、分かりやすく動画レシピで毎月ご紹介します。


かんな掛け芋の粉で「ばおり餅」と「じゅね餅」


今回はむつ市脇野沢から、地元の保存食「かんな掛け芋」の粉を使った「ばおり餅」と「じゅね餅(いも餅のじゅね和え)」を、つつじ生活改善グループのみなさんに教えてもらいます。

howムービーが表示されないときは?

材料
【ばおり餅・じゅね餅】(作りやすい分量)
かんな掛けいもの粉 450g
熱湯 1〜1.5カップ
ぬるま湯 少々
少々
《ばおり餅の味噌餡》  
 味噌 適量
 黒砂糖 適量
《じゅね餅のじゅね味噌》  
 エゴマ(じゅね) 200g
 砂糖 60g
 味噌 大さじ1と少し
  写真
ばおり餅

写真
じゅね餅

作り方

【ばおり餅】
  1. [味噌餡の準備]すり鉢に味噌と黒砂糖を入れ、良くすり混ぜる。
  2. かんな掛けいもの粉に塩少々を混ぜ、熱湯を入れ、はしでかき混ぜる。真ん中から少しずつこね、全体をまとめていく。まとまり具合をみてぬるま湯を加え、耳たぶぐらいの固さにする。
  3. 卵大にちぎり、丸めて平らにのばし、1の味噌餡を入れ、半分におり、半月型に閉じていく。
  4. 蒸し器で10分ほど蒸す。

【じゅね餅】
  1. かんな掛けいもの粉に塩少々を混ぜ、熱湯を入れ、はしでかき混ぜる。真ん中から少しずつこね、全体をまとめていく。まとまり具合をみてぬるま湯を加え、耳たぶぐらいの固さにする。
  2. こねた粉を、少し小ぶりにちぎり、手のひらで伸ばし小判型に形をととのえる。
  3. [じゅね味噌の準備]エゴマをから煎りし、すり鉢で軽くすり、皮をよくとばす。砂糖・味噌を入れてよく摺る。固い場合は、湯少々を入れる。
  4. 沸騰した湯に2の餅を入れゆでる。浮き上がってきたら取り出し、3のじゅね味噌をからめ、熱いうちに食べる。

 

つつじ生活改善グループの加工品のご紹介

写真
ばおり餅
360円/3個入れ

写真
じゅね餅
350円/ 5個入り
写真
べこ餅
360円/ 3枚入り
写真
あんこしめす餅
100円/1枚
写真
漁師の味噌
写真
みょうがみそ
写真
まさかりサブレー
(イワシカルシューム入り)
320円/1袋

写真

【商品購入】
つつじ生活改善グループ
(代表 杉沢さんまで)
電話:0175−44−2964


howムービーが表示されないときは
ムービーを表示するためには、最新バージョンの Macromedia Flash Player が必要です。右のサイトからダウンロードしてください。

掲載日 2010.1.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.