あおもりの特産品図鑑

 くだもの

清涼感をぎゅっと凝縮、みずみずしい宝石。

くだもの写真豊かな香りと、甘くジューシーな果肉。お日様を受けてキラキラと輝く、赤色、黄色、紫色。まるで宝石のように、みずみずしい果物が枝先に揺れています。

青森県では、全国第1位の収穫量を誇るりんごのほかにも、さくらんぼ、ぶどう、なしなど、たくさんの果物が作られています。果樹栽培面積は、西洋なしが全国第2位、さくらんぼが第3位、ブルーベリー第4位、ぶどう・すももが第9位になるなど、全国10位以内の果樹が6品目があります。
青森の気候・風土に育まれた果物には、おいしさがギュッとつまっています。

さくらんぼ
 さくらんぼには、アントシアニンという成分が含まれています。
 さくらんぼは鮮度が命の果物なので、保存はせいぜい2日程度。冷蔵庫には長時間入れず、食べる前に冷やすのがおいしく食べるコツです。選ぶときは、軸がしっかりとして緑色のもの、また果皮にツヤがあるものを選びましょう。
 県内の主産地は三戸地域で、品種は佐藤錦が全体の約半分を占めています。
さくらんぼ 絵
ぶどう
 ぶどうにはポリフェノールが多く含まれています。
 ぶどうは、果皮にハリがあるもの、脱粒していないもの、軸が太く緑色で、果皮全体に白い粉(ブルーム)をふいているものが新鮮です。保存は、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れましょう。
 青森県のぶどうは、県南地方ではキャンベル・アーリー、津軽地方ではスチューベンが主に栽培されています。
ぶどう 絵
なし
 高級品種ゼネラル・レクラークやラ・フランスといった西洋なし、長十郎、幸水、多摩などの日本なし。青森で収穫されるなしは、どれもジューシー。産地化も進んでいます。
 西洋なしにはフラバノール、アントシアニン、フラボノールなどのポリフェノール、日本なしにはソルビトールが含まれています。
 選ぶ目安は、大きさのわりに重みがあり、キズのないもの。保存は、低温で風通しのよい場所に置くか、新聞紙で包んでキ冷蔵庫の野菜室に入れます。
なし 絵
うめ・あんず
 うめにはクエン酸やリンゴ酸が豊富に含まれています。
 梅を選ぶポイントは、形が丸く、触ってみてうぶ毛のような感触が残っていること。もちろん、キズや斑点、虫食いがないことも大切です。
 青森県のうめの主力品種は、豊後、節田。あんずは、八助が主力となっています。うめは、清涼飲料水やゼリーなど、独自の加工品作りも盛んです。

うめ・あんず 絵

関連情報サイトへのリンク



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.