トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2016年8月号「あおもりの地サイダー」

特集:2016年5月号「あおもりPG商品」

 いま、青森県内では、新たな地サイダーが続々と開発・発売されています。今月は、そんな「あおもりの地サイダー」を紹介します。

あおもりの地サイダー

 大正11年から八戸市の名水「三島の湧水」を使用し、「三島シトロン」、「三島バナナサイダー」を製造・販売している八戸製氷冷蔵株式会社(八戸市)では、自社サイダーのほかに、県内の事業者の依頼により、(地独)青森県産業技術センター農産物加工研究所の技術指導を受けながら、地域の特産物などを使用した地サイダーを製造しています。 県内各地にお出かけの際には、ご当地のサイダーをぜひ味わってみてください 。

 

なの花ハチミツサイダー(横浜町)

写真

  横浜町の養蜂家、澤谷養蜂園が地元の菜の花から採取したはちみつを1%使用し、風味豊かに仕上げた、柔らかな甘さが特徴のサイダーです。横浜町の菜の花畑を思い出しながら飲んで欲しい商品です。

【発売日】 平成27年5月~
【問合せ先】 有限会社すぎやま
(上北郡横浜町字大豆田127 
電話 0175-78-2080)
【主な販売店】 トラベルプラザ・サンシャイン(横浜町)、道の駅よこはま「菜の花プラザ」(横浜町)など




カシッスー(七戸町)

写真

  青森県七戸町産のカシス果汁を0.6%使用したシュワッとさわやかなカシス風味のサイダーです。
  そのままお飲みいただいても、お酒で割ってもおいしくお召し上がりいただけます。

【発売日】 平成27年5月~
【問合せ先】

カフェレストランジュノン
(上北郡七戸町字影津内111-6 
電話 0176-62-4051)

【主な販売店】

JR東日本七戸十和田駅売店(七戸町)、道の駅しちのへ(七戸町)、スーパーカケモ七戸店(七戸町)など





はちみつカシスサイダー(弘前市)

写真

  建設会社が異業種参入して無農薬栽培した弘前市産カシス果汁0.5%に、国産はちみつ0.5%をブレンドし、爽やかなカシスの香りにほのかに広がるはちみつのまろやかさがクセになるサイダーです。
  スポーツのあとや気分爽快になりたい暑い夏の日などに格別です。また、クリスマスやバレンタインにシャンパンの代わりとしてもおすすめです。

【発売日】 平成28年1月~
【問合せ先】

株式会社花田建設
(弘前市大字青女子字桜苅339-2 電話 0172-73-3427)

【主な販売店】

有限会社ANEKKO(あねっこ)(弘前市)、津軽おのえ温泉日帰り宿福屋(平川市)、株式会社オヤマ・アグリサービス(弘前市)、板柳町ふるさとセンター(板柳町)など





ひらかわ温泉銀座サイダー(平川市)

写真

  化学工業薬品製造会社が異業種参入して開園しているブルーベリー園「あすなろガーデンパーク」でブルーベリー狩りを楽しんだ後は、平川市内の温泉で汗を流し、青森県産ブルーベリー果汁を0.5%使用した「ひらかわ温泉銀座サイダー」で喉の渇きを潤してください。爽やかなブルーベリーの香りが、湯上りの火照った体に心地良い喉越しを提供します。
  入浴する温泉に悩んだときは、ラベルの「ひらかわ温泉巡り」のQRコードから行き先を探すのもおすすめです。

【発売日】 平成28年2月~
【問合せ先】

あすなろ理研株式会社
(平川市大坊竹原218-1 電話 0172-44-1159)

【主な販売店】

南田温泉ホテルアップルランド(平川市)、大坊保養センター(平川市)、柏木温泉(平川市)、さるか荘(平川市)、四季の蔵もてなしロマン館(平川市)、道の駅いかりがせき「津軽関の庄」(平川市)、ヒロロフレッシュファームFORET(弘前市)など





マタギサイダー(黒石市)

写真

  江戸時代以前からマタギが住んでいた青森県黒石市の大河原地区、そのマタギたちが山に入る際に好んで食べた「がまずみ」の果汁1%をベースに、ビタミンCを1,000mg、クエン酸を2,000mg配合し、かなり酸っぱい機能性ご当地サイダーをつくりました。八甲田山やもみじ山などを散策して疲れた際にどうぞ。

【発売日】 平成28年2月~
【問合せ先】

株式会社ツガルサイコー
(黒石市袋富山65-1 電話 0172-59-5300)

【主な販売店】

津軽伝承工芸館(黒石市)など





菊サイダー(南部町)

写真

  南部地方伝統の食用菊「阿房宮」のエキスを1%配合した、ほのかな菊の香りと爽やかな甘さに、心と渇きが癒されるサイダーです。食用菊の新たな可能性を感じてください。

【発売日】 平成28年4月~
【問合せ先】

有限会社村井青果
(南部町大字斗賀字二反田7-2
電話 0178-75-1040)

【主な販売店】

三春屋(八戸市)、ユートリー(八戸市)、八食センター(八戸市)、ファームビレッジなんぶ(南部町)、バーデハウスふくち売店(南部町)、チェリウス(南部町)、A-FACTORY(青森市)など





海峡塩サイダー(風間浦村)

写真

  津軽海峡の地底からくみ上げた浸透水を殺菌・ろ過した後、県産木でじっくり炊きあげた風間浦村のこだわりの塩を0.2%使用し、甘さ控え目で爽やかな塩味に仕上げました。夏の暑い季節にぴったりの風味をお楽しみください。
  ラベルには、下北半島に加え、津軽半島、渡島半島など津軽海峡圏の観光地や観光資源をふんだんに盛り込んだデザインとなっており、見ても楽しめる商品です。

【発売日】 平成28年7月~
【問合せ先】

株式会社駒嶺商店
(下北郡風間浦村大字蛇浦字新釜谷2-3 電話 0175-35-2111)
 青森・下北ふるさとの会
(上北郡横浜町字大豆田127 電話 0175-78-2080)

【主な販売店】

ばんやめし(風間浦村)、トラベルプラザ・サンシャイン(横浜町)、道の駅よこはま「菜の花プラザ」(横浜町)、かさまい館(むつ市)、かさまいプラザ(むつ市)、七戸十和田駅(七戸町)など





いなかだて田んぼアート黒サイダー(田舎館村)

写真

  田舎館村の田んぼアートを見ながら飲んでほしい黒米エキスを0.1%配合したサイダーをつくりました。ラベルにこれまでの田んぼアートを掲載し、23年の変遷がわかるようになっているほか、ラベルのQRコードから現在の田んぼアートの様子を手軽に見ることができます。

【発売日】 平成28年7月~
【問合せ先】

田澤農園 田澤 隆
(田舎館村諏訪堂字村元28-1 
電話 0172-58-2390)

【主な販売店】

田んぼアート商店街(田舎館村役場駐車場内)、道の駅い
なかだて「弥生の里」(田舎館村)など








掲載日 2016.8.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.