トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2016年5月号「あおもりPG商品

特集:2016年5月号「あおもりPG商品」

 最近、健康・美容業界で注目を集めている奇跡の新素材「プロテオグリカン(PG)」。今月は、青森生まれの「プロテオグリカン」を使用した「あおもりPG商品」を紹介します 。

「プロテオグリカン(PG)」とは

 プロテオグリカンとは、もともと人の皮膚や軟骨に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸とともに、健康な肌や軟骨を支えています。プロテオグリカンをはじめとする土台となる成分が不足すると、肌のシワや関節痛などが生じます。

 サケ鼻軟骨から抽出したプロテオグリカンは 、コラーゲンやヒアルロン酸をしのぐ注目の 健康美容成分として注目を集めています。

青森発プロテオグリカン~青森県とプロテオグリカンの関係

  プロテオグリカンの重要性は以前から知られていましたが、プロテオグリカンは熱に弱く効率的に抽出できなかったため、かつての製造コストは1gあたり3千万円。しかも有害試薬でしか抽出できなかったこともあり商業利用が不可能な夢の成分でした。

写真

 そんな中、農林漁業資源から有効成分を探す研究を行っていた青森県産業技術センターが、サケの鼻軟骨に高濃度なプロテオグリカンが存在していることを発見しました。その後、青森県内で郷土料理として親しまれている「氷頭なます」(スライスしたサケの頭部軟骨と大根を酢と塩などで和えた正月料理)がきっかけとなり、弘前大学と県内企業との連携により、サケの鼻軟骨から高純度に大量抽出できる技術を確立しました。


  現在、プロテオグリカンは青森県内で人体に安全な食用酢酸とアルコールだけを使い従来の1000分の1以下のコストで大量かつ高純度のプロテオグリカンを抽出精製しています。また、これまで廃物同様に扱われてきたサケの頭が有望資源へと変貌を遂げました。青森発プロテオグリカンは、人にも自然環境にも優しく、安全・安心の素材です。



ぞくぞく登場!「あおもりPG商品」

写真

 プロテオグリカンの生産技術が青森県で確立されてから、「あおもりPG」(弘前大学が開発した抽出技術の応用により製造されたプロテオグリカン)を配合した商品の開発が進み、県内企業からは地元の特色ある素材と「あおもりPG」を組み合わせた食品や化粧品などが誕生しています。最近では、大手メーカーの商品にも「あおもりPG」が採用されるなど、プロテオグリカンは健康美容の機能性新素材として注目を集めています。



「あおもりPG商品」のうち、地元特産品とのコラボ商品の一例を紹介します。

【食品】りんごジュース×プロテオグリカン
「ゆめひみこ」
(企業組合でる・そーれ)

写真
 弘前大学地域連携授業の取組として、企業組合でる・そーれと弘大生とのコラボにより商品化。五所川原市特産の果実まで赤い「赤~いりんご」のジュースにプロテオグリカンを配合。


【食品】黒りんご酢×プロテオグリカン
「女神の林檎」
(カネショウ(株))

写真
 津軽の完熟りんごを原料とし、丁寧に琥珀色に濃縮させた果汁を独自の技術で発酵させ、じっくりオーク樽で熟成させたりんご酢を使用しています。さらにりんご果汁を加えたスティックゼリーは、個包装タイプで携帯にも便利です。


【食品】あおもりカシス×プロテオグリカン
「カシスの飲むゼリー」
((株)はとや製菓)

写真
 日本一の生産量を誇るあおもりカシス果汁にプロテオグリカンを配合した、のど越しの良い爽やかな飲むゼリーです。甘酸っぱさと爽やかな香り、すっきりしたあと味がくせになります。


【化粧品】なたね油×プロテオグリカン
「フロル・デ・コルサ」
(NPO法人菜の花トラストin横浜町)

写真
 コールドプレス製法・御なたね油とプロテオグリカンを配合した、肌に優しい天然素材の化粧品シリーズ。ラインナップは、クレンジングオイル、マッサージオイル、クレンジングフォーム、美容液(昼用、夜用)の5アイテム。


【化粧品】なまこエキス×プロテオグリカン
「シーラインソープ」
((株)大豊)

写真
 保湿効果が期待できる青森県産「なまこエキス」にプロテオグリカンを配合した石鹸。海の恵みがギュッと詰まっています。マイルド、ディープ、モイスチャーと、お肌に合わせて選べる3種類を取り揃えています。


【化粧品】青森ねぶた×プロテオグリカン
「青森PG-inねぶたパック」
((株)角弘)

写真
 ねぶた面をデザインしたフェイスパックが登場。ねぶた師北村蓮明氏が手掛けたねぶた絵をもとに和久尚史氏がデザイン。面は「般若」「鬼」「武者」の3種類あり、気分によって使い分けても。お土産やプレゼントにもお勧めです。


 青森県プロテオグリカンブランド推進協議会では、プロテオグリカン含有量等の基準をクリアした商品だけに「あおもりPGブランド認証マーク」の使用を許可しています。 平成28年4月現在、青森県プロテオグリカンブランド推進協議会の認定商品は、129商品にまで増えています。  

写真

認証商品のラインナップはこちらのHPをご覧ください。
(青森県プロテオグリカンブランド推進協議会認証商品)
→外部リンク 
http://aomori-pg.org/certificate/



「あおもりPG商品」を購入するには

■店舗で購入する

・県内に5店舗あるプロテオグリカン専門店「アレッラPG」でご購入できます。

店舗 住所 電話番号
青森店 青森市新町二丁目6-29
KBSビル1F

017-723-2100

問屋町
ストア店
青森市問屋町二丁目17-3
(協)青森総合卸センター 
問屋町ストア内
017-728-9101
弘前店 弘前市神田三丁目2-3
(株)角弘弘前支店内

0172-32-2481

五所川原店 五所川原市広田字柳沼91-3
(株)角弘五所川原支店内

0173-35-3155

むつ店 むつ市仲町14-13
(株)角弘むつ支店内

0175-22-1394

十和田店 十和田市三本木字野崎40-556
(株)角弘十和田市店内

0176-23-3545


*お出かけの際は、あらかじめ営業時間や商品在庫等をご確認ください。

・また、東京飯田橋にある青森県アンテナショップ「あおもり北彩館東京店」にもプロテオグリカンコーナーを設置していますので、こちらもご利用ください。

【あおもり北彩館東京店】 
東京都千代田区富士見2-3-11
電話:0120-915-724

 *お出かけの際は、あらかじめ営業時間や商品在庫等をご確認ください。
青森北彩館東京店

■インターネットで購入する

【ひず屋本店】
http://www.rakuten.co.jp/auc-hizuya/ 
電話:017-773-1314
【プロテオグリカン研究所】
http://www.pg-in.com/   
電話:017-729-8814


「あおもりPG」産業化に向けての取組

 青森県では、産学官連携のもと、青森県発の機能性素材「あおもりPG」を活用した化粧品やエステなどの美容分野や、健康食品や健康サービスなどの産業創出に取り組み、平成27年9月末までにPG製品参入企業は60社、製造出荷額は延べ91億円に達しています。 このようなPGを核とした取組は高く評価され、各種アワード等を受賞しています。今後も産学官一丸となり「あおもりPG」の産業化に向けて取り組んでいきます。

青森県プロテオグリカプロジェクトHP
→外部リンク http://www.proteoglycan-japan.net/project/




掲載日 2016.5.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.