トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2016年4月号「津軽半島浜小屋仕込み

特集:2016年4月号「津軽半島浜小屋仕込み」

いよいよ北海道新幹線が開業しました。今月は、北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」開業に合わせて先月デビューした土産品共通ブランド「津軽半島浜小屋仕込み」をご紹介します。

土産品共通ブランド「津軽半島浜小屋仕込み」

 北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」開業を機に、地域ならではの特産品を生かし、観光客にとって魅力あるお土産品作りを目指して、土産品共通ブランド「津軽半島浜小屋仕込み」が誕生しました。「津軽半島浜小屋仕込み」は、陸奥湾のホタテや十三湖のヤマトシジミのほか、奥津軽いまべつの海藻など、津軽半島ならではの知られざる特産品を使用した土産品で、平成28年4月1日現在、14商品のラインナップとなっています。

「津軽半島浜小屋仕込み」コンセプト


  津軽半島は、陸奥湾、津軽海峡、日本海に囲まれていることから海の幸が豊富で、素朴な自然と人情にあふれる土地柄でもあります。「津軽半島浜小屋仕込み」は、厳しい自然環境の中、昔ながらの手仕事で技と味わいを磨いてきた、素朴な魅力をアピールするお土産品シリーズです。「3つの海」「魚」「浜小屋」「地吹雪」「旅愁」という5つのキーワードで、素朴でノスタルジックなイメージを際立たせます。そして、旅行者やご当地グルメを求める人々の、「昭和」「素朴」「だけど新鮮」「心の中にしまっておきたい」「親子・異世代で共有したい」といった気持ちに訴えて、津軽半島の知られざる美味を全国に広めます。

 商品は手に取りやすいサイズ感で、パッケージには見栄えのするデザインを採用しています。全商品に共通のロゴを付けることで統一感を持たせ、これによって売場で存在感をアピールし、お客様に手に取ってもらうことを狙いにしています 。



「津軽半島浜小屋仕込み」商品ラインナップ

■陸奥湾の姫帆立
引き立つ甘みと食感を持つ、黄金色の姫帆立(陸奥湾産ホタテ半生貝)で作りました。

姫帆立塩焼
(木戸食品)

姫帆立浜干
(風のファクトリー)

陸奥湾の姫帆立を使い、塩で柔らかく焼き上げました。隠し味にりんごたまり醤油を使用しています。酒のつまみやお茶受け、おやつに。 陸奥湾の姫帆立を茹でて殻から外し浜の太陽と潮風でゆっくりと自然乾燥させました。余計な味付けはせず、本来の濃厚な味を楽しめます。噛めば噛むほどうま味が出てきます。

帆立バター煎餅
(風のファクトリー)

 

姫帆立の天日干しを砕き、風味豊かなバター煎餅の生地にのせ、さっくりと焼き上げました。  
  

■炭火焼干
手仕事で串を打ち、炭火で焼き天日干しした伝統のだし素材です。

炭火焼干《豆アジ》
(澤田海山加工)

炭火焼干《イワシ》
(北福海産)

津軽海峡今別沖の天然小アジを、地元産の炭火で焼き、天日乾燥した天然だし素材。煮物や汁物、とりわけ麺類によく合います。そのまま炙っておつまみにも。 外ヶ浜町産イワシの頭とワタを一匹ずつ丁寧に取り、竹串に刺して炭火で焼き上げ天日で干した伝統製法のだし素材。煮干しよりも濃厚なだしが出ます。
  

■今別昆布
津軽海峡の荒波で育った天然真昆布。昭和には上方にまで知られた名産品。量は減っても味は折紙付。

天然とろろ昆布
(澤田海山加工)

今別昆布《優品切落し》
(澤田海山加工)

今別産の天然真昆布を天日と潮風で乾燥させ、芯の部分のみぜいたくに使ったとろろ昆布。酢や添加物を使わず素材そのままの濃厚なだしととろみが楽しめます。 今別沖の荒波で育った天然真昆布を天日で干しただし素材。料理人向けの優品のみを選び、使いやすいサイズで提供します。
  

■今別もずく
津軽海峡の荒波に育った、一味も二味も違うもずく。

天然もずくうどん
(北相産業)

 

津軽海峡今別産の天然もずくの粉末を麺に練り込んだご当地麺。もずく由来のヌメリがツルツルののど越しに変わります。焼干だしとも相性ぴったり。  
  

■テッテ (ウマヅラハギ)
カワハギの仲間の上品な白身魚の干物。素朴で贅沢な伝統食。

干しテッテ《塩味》
(おさきん)

干しテッテ《辛口》
(おさきん)

テッテとは津軽弁で、「カワハギ」や「ウマヅラハギ」のこと。漁師たちのおつまみとしてひそかな人気がありましたが、手仕込みで干して浜小屋の味を再現しました。そのまま食べても、炙ってマヨネーズをつけてもお勧めです。
  

■十三湖のしじみ
白神山系のミネラル豊富な水で育つ、濃厚な味わいのヤマトシジミ。

しじみチャウダー
(奈良屋)

しじみ飴《地釜炊き》
(奈良屋)

ヤマトシジミを洋風に仕上げた逸品。お店の人気の味がご家庭でも楽しめます。そのまま温めてパスタソースとしても、牛乳で伸ばしてスープとしても、様々な楽しみ方ができます。 しじみエキスをたっぷり使い、昔ながらの地釜でじっくり炊き上げた手作り飴。滋味あふれるしじみのだしと、甘味の中の塩味がにじみ出ます。

しじみラーメン
(奈良屋)

 

十三湖名物、奈良屋のしじみラーメンをご家庭で手軽に味わえます。しじみエキスたっぷりの塩味スープに縮れた麺が良く合います。十三湖産ヤマトシジミをトッピングして。  
  

■小泊の天草
日本海の荒波で育った天然天草(テングサ)。手作業で丁寧に摘み取り、手間暇かけて余分な海藻を取り除いています。

天然天草【蜂蜜付】
(おかやん)

 

日本海の荒海で育った天然天草を使った手作り寒天キット。地元のだし昆布とやさしい甘さの蜂蜜を入れることにより天草をまろやかでコクのある味にしています。楽しく寒天を作りながら本物の天草の味をご家庭で味わえます。

 

現在は14商品ですが、今後も新商品の発売が予定されています。

「津軽半島浜小屋仕込み」取扱店

県内の土産品店17店舗で販売しています(平成28年3月現在)。

店舗名 市町村 電話番号
あおもり路 ラビナ店 青森市

017-734-3255

青森ふるさとショップ アイモリー 青森市

017-752-6228

あおもり北彩館 新青森駅店 青森市

017-752-6161

アスパム物産 アスパム店 青森市

017-734-4550

アスパム物産 空港店 青森市

017-739-9888

A-FACTORY 青森市

017-752-1890

津軽藩ねぷた村 弘前市

0172-39-1511

弘前物産パルシー(アプリーズ内) 弘前市

0172-35-8180

弘前市立観光館 さくらはうす 弘前市

0172-33-6963

金木観光物産館マディニー 五所川原市

0173-54-1155

立佞武多の館 五所川原市

0173-38-3232

道の駅十三湖高原 五所川原市

0173-62-3556

道の駅いまべつ 今別町

0174-31-5200

蟹田駅前市場 ウェル蟹 外ヶ浜町

0174-31-1112

青函トンネル記念館 外ヶ浜町

0174-38-2301

龍飛崎観光売店 あっちゃの店 外ヶ浜町

0174-38-2966

龍飛崎温泉ホテル竜飛 外ヶ浜町

0174-38-2011


昔ながらの手仕事で技と味わいを磨いてきた日本人の原点の味「津軽半島浜小屋仕込み」を青森土産にいかがですか。



掲載日 2016.4.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.