トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 > 2016年2月号「八戸ブイヤベース」

特集:2015年5月号「海峡サーモン」

今回は、八戸市で2月~3月限定で提供される魚介料理「八戸ブイヤベース」を紹介します。

八戸ブイヤベースとは

 ブイヤベースは、フランス・マルセイユ発祥の、魚介をふんだんに使用した料理。本場マルセイユでは「ブイヤベース憲章」というものもあり、厳格に定められたルールを守り提供されています。
 一方、「八戸ブイヤベース」は、八戸港に水揚げされる約600種類とも言われる豊富な魚介類を多くの方々に楽しんで頂くことを目的に2012年に誕生した、八戸でしか食べることの出来ない新・定番料理です。毎年、魚介類が豊富な冬期間には「八戸ブイヤベースフェスタ」が開催され、八戸市内外から多くのお客様が訪れて街が賑わいます。
 2016年も2月1日から「八戸ブイヤベースフェスタ」を開催。15店のレストランが八戸の冬ならではの魚介をふんだんに使い、独自の工夫を凝らした一品をお楽しみください。

 

八戸ブイヤベース・ルール

 以下の2つのルールをクリアしたものが、「八戸ブイヤベース」を名乗ることができます。

写真
  1. 八戸産の魚介類をふんだんに使用!
     八戸港に水揚げされる魚介類を4種類以上使います。野菜(ハーブ類、にんにく、トマト等)も地元産のものをできるだけ使います。

  2. 八戸流は二度おいしい!
      まずは八戸の魚介類のおいしさをそのまま味わいます。次に、魚介のだしたっぷりのスープを生かした各店オリジナルの“締めの一皿”を楽しめます。魚介類もスープも「一皿で二度おいしい」のが、八戸流のブイヤベースの楽しみ方です。


八戸ブイヤベースフェスタ2016


開催期間: 2016年2月1日(月)から3月31日(木)まで
開催場所: 八戸市内飲食店15店舗
催: 八戸ハマリレーションプロジェクト(HHRP)
援: フランス大使館、八戸市、(公社)八戸観光コンベンション協会、
八戸商工会議所
特別協賛: サントリー酒類(株)

 


八戸ブイヤベースフェスタ2016参加店


八戸グランドホテル
 ラウンジレストラン サヴァロッソ
リストランテ澤内


八戸市番町14
0178-46-1234


八戸市南類家1-12-1
0178-22-7638

グランドサンピア八戸
 レストラン ポミエ
プルトワ


八戸市東白山台1丁目1-1
0178-23-5151


八戸市新井田西3丁目16-16
0178-25-6674

ビストロ ポ・デタン 八戸プラザホテル
  レストラン ジュノー


八戸市番町2
0178-22-3383


八戸市柏崎1-6-6
0178-44-3121

八戸パークホテル
 レストラン アゼリア
農風Kitchen Yui


八戸市吹上1丁目15-90
0178-43-1111


八戸市番町25 グレイス番町1F
0178-44-3035

バール・サウーヂ 八戸シーガルビューホテル
 花と月の渚 レストラン しおさい


八戸市内丸1丁目1-5
0178-38-9019


八戸市鮫町小舟渡平9-19
0178-33-3636

ビストロSukegawa ル・ムロン・デ・オワゾ


八戸市三日町30-1 AXISビル1F
0178-45-0557


八戸市東白山台3丁目1-1
0178-51-8727

ボワラ カーサ・デル・チーボ


八戸市湊高台3丁目1-9
0178-80-7558


八戸市湊高台1丁目19-6
0178-20-9646

巴里の空の下で  


八戸市馬場町1-14
0178-71-3818

 

 

八戸ハマリレーションプロジェクト(HHPR)

「世界で一番地元の魚を愛する町:八戸!」の実現を目指し、八戸の水産業界有志達が結成した団体。業界・業種の枠を超えて集まり、八戸のハマや水産品の新たなイメージ、親近感を向上するため、様々な“ヒト・コト・モノ”を繋ぐ活動を展開中。


今年で5回目の開催となる「八戸ブイヤベースフェスタ」。各店舗こだわりの味をお楽しみください。



掲載日 2016.2.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.