トップページ > 知る > 【特集】あおもりの旬 >あおもりの旬 2009年12月号「三沢ほっき丼」

東北新幹線「はやて」に乗って青森のうまいものたちを食べに行こう!特集:あおもりの旬 2009年12月号「三沢ほっき丼」

 2年目を迎える冬季限定ご当地グルメ「三沢ほっき丼」。
 ますますパワーアップして今冬も登場!

三沢産のほっき

三沢産のほっき 冬の貝の王様と言われている「ほっき貝」。ほっき貝は通称で正式名称は「うば貝」。寿命は30年以上にも及びます。
ほっき貝の産地としては、北海道や福島県が有名ですが、八戸から三沢にかけて南北に弓なりにのびる北浜海域で獲れるほっき貝も、その品質や美味しさから首都圏の市場で高い評価を受けているようです。ちなみに三沢市漁協の 2002年度の水揚げ量は、全国第4位となっています。

 北浜海域の4漁協(八戸みなと、市川、百石町、三沢市)で組織する「北浜ほっき貝資源対策協議会」は、漁期や操業時間、1日あたりの水揚量、稚貝放流などを取り決めることで、ほっき貝の資源保護対策を行っています。
また、以前はマンガンという鉄製の道具で海底を掘り起す漁獲方法をとっていましたが、稚貝に傷を付けてしまったり、貝が壊れてそのままでは販売できなくなってしまうので、「噴流式マンガン」という方式を取り入れて、ポンプのような機械を使って海水を噴射し、海底の砂の中に生育するほっき貝のみを獲るようにしています。


2年目を迎える「三沢ほっき丼」

三沢ほっき丼 全国有数の三沢産ほっき貝の認知度向上や消費拡大、地元飲食業店の活性化や冬期間の観光客誘客を図ろうと、三沢市や商工会、三沢市内の飲食業関連団体などが協働して、昨年12月からユニークな仕組みづくりによる「三沢ほっき丼」の町おこしを展開しています。
「三沢ほっき丼」には統一レシピなどはなく、三沢産のほっき貝を利用することのみが条件となっています。各店舗で煮る、炒める、揚げるなど色々な味を楽しむことができます。
昨年は19店舗で提供されていた「三沢ほっき丼」ですが、新聞やテレビ、観光情報誌などで取り上げられることで一気に知名度が増し、地元の消費量の拡大はもちろん、丼目当ての観光客なども増加。
2年目を迎える今年は33店舗まで拡大し、「三沢ほっき丼」はますますパワーアップしています。 


おいしい「三沢ほっき丼」を食べる

全33店舗の中から一部を御紹介します。

きらく亭

  • 丼名:三沢ほっき丼 950円
  • 丼内容:生のほっきと加熱したほっきの2色丼。
  • 住所:三沢市本町2−71−1
  • 電話:0176−53−1087
  • 営業時間:11:00〜20:30
  • 定休日:日曜日

 

御食事処 いや川

  • 写真丼名:三沢ほっきわっぱ丼 1,050円
  • 丼内容:わっぱに入ったかやくご飯の上にほっきをちりばめ、とろろで仕上げ
  • 住所:三沢市岡三沢6−115−30
  • 電話:0176−57−1319
  • 営業時間:11:30〜14:00、17:00〜22:00
  • 定休日:第1・3日曜日

酒房 水主(かこ)

  • 写真丼名:ほっき貝のピリ辛みそバター丼 980円
  • 丼内容:風味の良い味噌バターでさっとほっきを炒め、きのこやネギでトッピング
  • 住所:三沢市岡三沢1−1−87
  • 電話:0176−53−9136
  • 営業時間:17:00〜23:00
  • 定休日:無休

鮨 大竹

  • 写真丼名:ヅケホッキのあぶり丼 1,200円
  • 丼内容:ほっきのダシで炊いたご飯の上に、レタスをしいて炙り漬けほっきをのせた。中央には特製味噌をトッピング
  • 住所:三沢市岡三沢1−1−6
  • 電話:0176−57−2923
  • 営業時間:11:00〜14:00、16:00〜22:00
  • 定休日:水曜日

寿司割烹 福水

  • 写真丼名:ほっき丼 880円
  • 丼内容:ほっきに片栗粉をまぶして卵でとじた丼。三沢産のながいも使用。
  • 住所:三沢市中央町2−3−7
  • 電話:0176−53−8167
  • 営業時間:11:30〜13:30,16:30〜23:00
  • 定休日:第2・4日曜日

中華 上海

  • 写真丼名:炎のほっき丼 900円
  • 丼内容:ピリ辛しょうゆで炒めたほっきと野菜をトッピング
  • 住所:三沢市大町2−2−27
  • 電話:0176−53−2622
  • 営業時間:11:30〜14:00,17:00〜20:00
  • 定休日:日曜日

炭火焼き肉 炙庵

  • 写真丼名:三沢ほっき丼 850円
  • 丼内容:オリジナルの甘辛タレをかけたほっき丼。ビビンバ風
  • 住所:三沢市中央町4−11−17
  • 電話:0176−53−1155
  • 営業時間:17:00〜23:00
  • 定休日:第2,4水曜日

北龍堂

  • 写真丼名:ほっき丼 800円
  • 丼内容:ほっきエキス入りの特製ダレの卵とじ丼
  • 住所:三沢市桜町2−11−20
  • 電話:0176−53−2779
  • 営業時間:10:30〜19:00
  • 定休日:日曜日・祝日

古牧温泉 青森屋 じゃわめぐ広場「湯けむり茶屋」

  • 写真丼名:青森屋ほっきづけ丼 950円
  • 丼内容:ご飯の上に千切りの長いもを敷き、特製タレに漬け込んだ生のほっきをのせた丼
  • 住所:三沢市古間木山56
  • 電話:0176−51−2121
  • 営業時間:11:00〜17:00,19:00〜23:00
  • 定休日:無休

仕出し 旅館栄作

  • 写真丼名:北寄バター丼 880円
  • 丼内容:ほっきのバター炒め丼
  • 住所:三沢市新町2−121−4
  • 電話:0176−53−3730
  • 営業時間:要予約
  • 定休日:要予約

四季彩酒 嵯がの

  • 写真丼名:ほっき丼 840円
  • 丼内容:ご飯の上に長いもとわかめ、ほっきをのせた丼
  • 住所:三沢市幸町1−1−4
  • 電話:0176−57−3336
  • 営業時間:17:00〜23:00
  • 定休日:日曜日

 「三沢ほっき丼」に関する詳しい情報(提供店・イベント情報など)は三沢市観光協会運営のこちらを御覧ください。  


「三沢ほっき丼」のPR・応援隊

 三沢市内の空の玄関である三沢空港や、陸の玄関のJR三沢駅に足を踏み入れたとたん、そこは「三沢ほっき丼」一色。 階段にも、これでもかといわんばかりのほっき丼。各提供店には、幟や看板が設置されています。

ほきのすけ 「三沢ほっき丼」とともにデビューしたイメージキャラクター「ほきのすけ」と「ホッキナーちゃん」。 斬新なデザインと可愛いらしさから人気上昇中。 今年も三沢ほっき丼のPRに励みます。



「三沢ほっき丼」関連イベントなど

「三沢ほっき丼」食べくらべスタンプラリー

三沢市商工会では、「三沢ほっき丼」のお店を10店舗食べた方先着50名へ食事券をプレゼントいたします。

主 催 者:三沢市商工会 内容 ほっき丼提供店を期間中に10店舗以上を食べ歩き、店舗よ

             り確認印をもらった方に先着順で参加店の食事券を贈呈します。

期   間:平成21年12月1日から平成22年3月31日まで

参加方法: スタンプ台紙は、三沢市商工会または参加店に備え付けてあります。

スタンプ台紙が埋まった場合(10店舗)三沢市商工会までお届ください。三沢市商工会にて食事券を贈呈いたします。

「三沢ほっき丼」に関するお問い合せ先:
三沢市経済部産業政策課 電話:0176−53−5111




バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.