トップページ > 知る > あおもりの旬 > あおもりの旬 2007年6月号「野辺地葉つきこかぶ」

あおもりの旬 2007年6月号「野辺地葉つきこかぶ」


野辺地葉つきこかぶ 野辺地葉つきこかぶ

ヤマセと大地が育てる
野辺地葉付きこかぶ

青森県の県南地方は、6月〜8月に太平洋からの冷たい風が吹き付けるヤマセ(冷湿な偏東風)地帯。夏場でもあまり太陽がでない日が多いため、気温が低く、作物には厳しい地域と言えるでしょう。しかし、豊かな土壌をもつこの地域は、この冷涼な気候を逆手にとり、涼しい所でもよく育つ 葉つきこかぶ の生産に取り組んでいます。

稲作にはしばしば悪影響をもたらすヤマセですが、「 野辺地葉付きこかぶ」にとっては強〜い味方。皮が薄く、真っ白に育った「 野辺地葉付きこかぶ」は、ジューシーで柔らかな甘みがあり、その評判は全国に広がってきています。

写真

青森県産こかぶについて


県内の主な産地

ヤマセの影響を強く受け、夏場に冷涼な気候となる太平洋側が主な産地となっており、その出荷量は全国第3位ですが、年々増加しています。夏場(主に6〜9月)の生産がほとんどで、地元や関東地方を中心に出荷されています。

この地域特有の気候をうまく利用し、涼しい所でもよく育つこかぶを昭和50年代後半から作り始め、今では県内一の出荷量となるまで生産が拡大した野辺地町。鮮度保持のため、品温が最も低い夜明け前の午前3時頃から収穫するなど、「野辺地葉つきこかぶ」の良品質生産に努めてきました。その結果、“夏場の品質日本一”と市場からも高い評価を得るほどになっています。

「野辺地葉つきこかぶ」は、種を蒔いてから約40日で収穫できます。長期間安定して出荷するため、収穫の都度、種を蒔いていきます。

野辺地葉つきこかぶ
の栽培風景
勢いよく水洗浄された
野辺地葉つきこかぶ
は真っ白
新鮮な野辺地葉つきこかぶは、ちょんと切れ目を入れるだけで、手で簡単に皮がむけます

手で皮がむける!生でおいしい!野辺地葉つきこかぶ

新鮮な野辺地葉つきこかぶは、葉っぱまで青々としており、皮が薄く手で簡単にむくことができます。肉質が柔らかくて甘みがあることから、生で食べるのがお・ス・ス・メ!かぶ特有のえぐみがほとんどないので、サラダ感覚で味わうことができます。

浅漬けはもちろんですが、白い実の部分はサラダに、葉はごま油で炒め、皮は刻んでキンピラにと、余すところなく食べられる、まるごと野菜です。


「野辺地葉つきこかぶ」をまるごと使ったレシピ



野辺地葉つきこかぶの
皮のきんぴら

野辺地葉つきこかぶ
のスープ

野辺地葉つきこかぶと
白身魚のサラダ

関連ページ


関連サイト


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.