トップページ > 知る > 【連載】産地レポート > 2013年1月号:マルメロ…藤沢 豊勝さん(東通村)

産地レポート 〜 生産者の声 〜

マルメロ…藤沢 豊勝さん(東通村)

写真

写真
マルメロ

 マルメロは、バラ科マルメロ属の落葉高木。 古代ギリシャ時代から、中央アジアで栽培されていたという。マルメロと似ているのにカリンがあるが、原産地は中国でバラ科カリン属ということで「属」が違う。マルメロの日本への渡来時期は、日本植物学年表によると1634年、江戸時代。マルメロの語源はポルトガルのMarmelo 、それを加工したお菓子がマルメラーダmarmelada、英語読みのマーマレードとなる。

 青森県では、このマルメロ、昔から農家の畑の隅に植えられていることが多かった。一見西洋ナシのようで、美味しそうだが、果肉は、酸味が強く、果実は固くて生食では食べられない。ただ、とてもよい香りがする。

写真
マルメロの樹

 青森県の代表的詩人、高木恭三の方言詩「まるめろ」には、病妻が死の朝に、マルメロの木の下で語り合ったことを思い出したのか、「まるめろ」ともらしたと言われている。彼女の実家の傍を流れる川の岸に、マルメロの樹が一本あり、二人はよくそこで話し合っていたという。それを知ってから、何となくマルメロは、ロマンチックな果物に思えるようになった。

 このマルメロを栽培している下北半島東通村の藤沢 豊勝(82)さん。 栽培して27年になる。
 藤沢さんは、むつ市からこの地に入植しはじめた頃は、30頭ほどの乳牛を飼っていた。米も栽培していた。しかし、湿田であったことと、偏東風(やませ)が吹く気候で収穫は思わしくなく、国の減反政策も重なって、米は止めた。 その後水田は、牧草地となったが、畜産もやめ、果樹栽培を始めることにしたという。

 昔から見慣れていた「マルメロ」を植えた。 涼しい気候を好み、りんごが栽培できる地域なら大丈夫という話を聞き、苗木を岩手県から取り寄せた。「途中で投げ出さないために、牧草地に目いっぱいに植えたんだ。少しだけやると、いつでも辞められると思うだろう、だから目いっぱい植えたんだ」

写真
今年はいいよ!
写真目いっぱいに植えられたマルメロ

 格段、マルメロ栽培では肥料は使わないが、それでもよく育つのは、放牧していたため、牛の排せつ物が肥料となっているためらしい。

 マルメロの花は、6月頃に咲く。 桜の花が散って、マルメロの花が咲く頃に防虫のため、薬剤を散布する。 それから、ゆっくりと花見をする。 春には、毎年、家族や友人、知人でマルメロの花見をするのだという。「いやぁ綺麗だ!ほんとに綺麗なんだよ!」 思い出して、顔がほころぶ。

写真
マルメロの花
写真
毎年この下で皆で花見をするんだ
写真
桜の咲いた後に咲くんだ
写真
根本が膨らんできている

 10月、マルメロの収穫が始まる。昨年は、少し収穫時期が遅れ、下旬にずれ込んだ。 藤沢さんが栽培しているのは、大実で果肉はやわらかい"スミルナ"とういう品種。大実で果肉はやわらかい。
 他のマルメロやナシが近くにあると良く実がなるということで、3分の1は在来種のマルメロも植えている。
  「在来種は香りがいいんだが、加工しやすいのはこのスミルナ。葉の大きさがちょっと違うぐらいで、見た目にはなかなか分からないだろう。」と言って、在来種の樹を指差した。

写真
左:在来種 右:スミルナ
写真
在来種のほうが香りが強いよ
写真
在来種は色づきが遅い
写真
収穫の指示をする藤沢さん

写真
果実を上に上げると採れる
写真
傷んだものは省く
写真
選別はしない

写真
秋の日に生える黄色
 マルメロは、収穫後、ジュースに加工する。「このマルメロジュースと焼酎をあわせると美味しいのだそうだ」と下戸の藤沢は聞いたという。 ジュースのお味は?・・香りがよく、さらりとした感じ。 ジャムは、適度に酸味があり、紅茶などに入れると、爽やかな香りがする。
写真
マルメロジュース
写真
マルメロのジャム

写真

 12月から来年春まで掛けて、マルメロの木を剪定し、樹高を低くしている。今頃は、この作業を、藤沢さんは一人でやっている。 後継者がいないのが現状だ。
 「これも自分がやれるうちだけで、後は誰もやらないだろうなぁ。」と。
 来年もまた、マルメロの花が感謝をこめて藤沢さんを包んでくれるだろう。


掲載日 2013.1.1


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.