マーケティング情報


消費地レポート

第98回

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ) 
青森所長 奥 貴史 氏

写真

【奥 貴史 氏 プロフィール】

埼玉県出身、1996年ジェトロ入り。
2013年7月より、ジェトロ青森貿易情報センター所長。
駐在歴は、盛岡貿易情報センター所員、ダルエスサラーム事務所長(タンザニア)
東京本部では、途上国貿易開発部(ODA事業等)、市場開拓部輸出促進課、農林水
産・食品部に在籍。

 前回10月に続いてのレポートとなりますが、今回は、初めて輸出に取り組もうとする企業さんにとって取り掛かりやすい輸出スキームについて、青森県庁さんの「青森県総合流通プラットフォーム(A!Premium)」サービスと、青森県輸出促進協議会(事務局:青森県中小企業団体中央会)の「青森フェア」を紹介させていただきます。

 青森は豊かな一次産品がありますが、その販路開拓には、その鮮度を保ちながら、如何に消費者に届けるかが重要になってきます。例えば、青森のリンゴは、大型CA冷蔵庫によって鮮度を保ちながら、通年出荷体制が構築されています。また、水産品に関しては、冷凍技術が高度化しており、解凍するとそれこそ刺身で食べられる商品も出てきています。国にも拠りますが、フランスでは、「生」のほうが「冷凍品」よりも高級というイメージがあります。青森産の冷凍ホタテよりも、出荷されて数日経っても「生」ホタテのほうが良い印象を持たれていることもあるようで、高品位の冷凍品を現地消費者に理解してもらう活動も大事であると感じました。

りんご

ほたて

ながいも

 そうした中で、フランスまでの輸送は無理にしても、高鮮度で香港などのアジアに最短で翌日配送できる「青森県総合流通プラットフォーム(A!Premium)」サービスができたのは、販路の多角化や、新たなニーズ対応に繋がるのではないかと期待しております。海外仕向地によっては、FTA(自由貿易協定)/EPA(経済連携協定)の低関税を適用する等の場合に、「原産地証明書」の取得が必要になってきます。その他にも国より求められる手続きがあり、国内取引とは別の段取りが必要になっています。本プラットフォームが更に進化していけば、より海外への販路開拓のチャンスは広がって行くのではないかと思います。
http://www.a-pre.jp/

写真 写真
バイヤー用・サプライヤー用カタログ A!プレミアムポスター

A!プレミアム出発式

A!プレ香港へ張り切っています

 

  今回、もうひとつ海外販路への足がかりとしてご紹介したいのが、青森県輸出促進協議会(事務局:青森県中小企業団体中央会)の「青森フェア」の取組です。
 2015年6月に米国シアトルで、同協議が主催した「青森フェア」にて、黒にんにく、リンゴ酢、ごぼう茶、桑の葉茶、長いも、水産加工品、味噌等の加工食品、和菓子、洋菓子などを扱う、青森県企業14社が青森産品を地元小売店で実演販売したときのこと(出品を含めると34社、161品目)。地元のお客さんの一人が、「青森県の商品は、青森の伝統、時間、青森人気質といった、素材の中に時間が込められているのが良い」とおっしゃられたことが、とても印象に残っています。日本同様に世界的に、安心、安全嗜好というのは高まってきており、そうした評価と共に「青森産」の商品を少し高くとも買ってくれる市場は増えてきているように感じます。
 いわゆる「物産展」はこれまでもあった手法ですが、それでも実際に売り場に立ち、現場の反応を生で感じながら営業することは、自身の商品の手ごたえと今後の方向性を知る貴重な機会とも言えます。「青森フェア」の参加を名目に当該フェア開催場所の小売店や商社との商流が構築しやすくなるので、新たに輸出に取り組もうという企業にとっては、実務で輸出を考える良い足がかりになるかと思います。フェアへの参加に際しては、輸出先国の規制への準拠が必要ですし、買取りをしてもらえる場合は、最終的に小売店側の判断もありますが、メンバーを含む協議会のサポートを得られながら取り組めます。もちろん、一過性のものではなく、フェア開催店舗での継続取引を協議会では目指していますし、実際に、フェア会期中の売上げにより、フェア開催の小売店からの追加発注を受けた企業も複数出ています。さらにフェアでの学びは、後日「ノウハウ共有セミナー」を開催して、後発で輸出に取り組もうとする県内企業にも還元する機会を設けています。ジェトロ青森も同協議会に参画していますが、ご関心があれば、是非、事務局(017‐777‐2325)までお問合せください。
 http://aomori-fdc.jongara.net/ja/

シアトル青森フェア

シアトル青森フェア

シアトル青森フェア

シアトル青森フェア



 ジェトロ青森(017-734-2575)では、貿易相談やセミナー開催、他の海外見本市等の出展支援等も行っておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。 
 https://www.jetro.go.jp/jetro/japan/aomori.html

以上

 



情報掲載:2015年12月15日



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.