トップページ > 知る > マーケティング情報

マーケティング情報

大消費地からのニーズ動向等に関する販売情報やアドバイザーからの商品開発及び流通戦略に関するアドバイス、マーケティングに関する資料をご紹介します。

消費地レポート


第92回 日本料理「つきぢ田村」田村 隆氏 new
「うま味で減塩!あおもり「だし活」研修会」に来青された、日本料理「つきぢ田村」田村 隆さんの講演をお届けします。(一部抜粋)[2014年12月15日掲載]

第91回 京料理「木乃婦」三代目 高橋 拓児 氏
青森県食安全・安心推進課「あおもり食命人」育成研修に来青された 京都の料亭「木乃婦」三代目の高橋 拓児さんの講演をお届けします。(一部抜粋)[2014年10月15日掲載]

第90回 料理家・管理栄養士 小山 浩子 氏
日本で唯一のミルク料理研究家でもあり、フードビジネスコーディネーターとしてご活躍の小山浩子さんに、「青森県の食生活と乳和食」と題してお話を伺いました。[2014年8月15日掲載]

第89回 日本料理店「分とく山」総料理長 野﨑 洋光 氏
青森県食の安全・安心推進課主催「あおもり食命人の食フェア(平成26年2月2日開催)」にて行われた 野崎 洋光氏による記念トークを抜粋して掲載します[2014年6月15日掲載]

第88回 株式会社 マルナカ 商品本部MDサポート部 小原 氏
四国でスーパーマーケットを展開する株式会社マルナカで、商品部のコーディネーターとしてご活躍の小原さんにお話を伺いました。[2014年4月15日掲載]

第87回 食と農研究所 代表 加藤 寛昭 氏
六次産業化推進に当たっての講演活動などでご活躍の加藤寛昭さんに、フランスで開催された「食の祭典」のお話を伺いました。[2014年2月15日掲載]

第86回 懐食みちば 女将 道場 照子 氏
銀座「懐食みちば」の女将 道場 照子さん に、東北の食材にまつわるお話を伺いました。[2013年12月15日掲載]

第85回 フリーアナウンサー 遠田 恵子 氏
六ケ所村出身でフリーアナウンサーとしてご活躍の 遠田 恵子さん にお話を伺いました。[2013年10月15日掲載]

第84回 株式会社日通総合研究所 取締役 教育コンサルティング部長 山田 健 氏
物流・ロジスティクス分野の最前線でご活躍の、(株)日通総合研究所 取締役の山田 健 氏にお話を伺いました。[2013年8月15日掲載]

第83回 県工業会・県産業技術センター主催 商品コンペ 審査委員長 比良木 高幸 氏
あおもり産業デザイン賞審査委員長である、ヒラキデザイン. オフィス主宰、比良木高幸 氏にお話を伺いました。[2013年6月15日掲載]

第82回 クリニカルフードプロデューサー 多田 鐸介 氏
"介護食に挑戦するフレンチシェフ"として有名なクリニカルフードプロデューサー多田鐸介さんに「青森県の美味しさに思うこと!!」と題してお話を伺いました。[2013年4月15日掲載]

第81回 拓殖大学理事長 福田 勝幸 氏
「リンゴのふる里」藤崎町出身の福田さんに、首都圏に暮らして感じる故郷の食についてお話を伺いました。[2013年2月15日掲載]

バックナンバー


青森県産品に関するマーケティング調査結果について

多様化する消費者ニーズや流通構造の変化など市場環境の急激な変化が進む中、県産品の開発・改良、首都圏等での販路開拓のためにはマーケティングを意識した事業活動がますます重要となってきています。

県では、お客様の視点に立ったマーケティングを展開するために、「消費者」からみた青森県のイメージ、県産品の評価、消費者の意識・行動などを明らかにするため、全国のインターネットモニター1,000人にアンケート調査を行いました。調査内容のサマリーを連載でお届けします。(※平成19年度の調査結果はvol.6で最後です。次回は、今年度末になります。)

【平成19年度 青森県産品に関するマーケティング調査結果サマリー】
VOL.6 特定テーマ「青森県産および北海道産の米の認知度」[2008年7月1日掲載]
VOL.5 特定テーマ「米(青森県産米と北海道産米)」[2008年6月1日掲載]
VOL.4 特定テーマ「米」[2008年5月1日掲載]
VOL.3 青森県産品の認知度[2008年4月1日掲載]
VOL.2 青森県産品のイメージ、総合的な魅力度[2008年3月1日掲載]
VOL.1 普段、食料品を購入する場所、購入する際の重視点[2008年2月1日掲載]
【平成18年度】
平成18年度 青森県産品に関するマーケティング調査結果サマリー(要約版)[2008年1月1日掲載]


あおもりマーケティングレポート

アンテナショップ情報や消費者意識調査の結果、アドバイザーからの商品開発及び流通戦略に関するアドバイス等を掲載した「あおもりマーケティングレポート」を紹介します。

あおもりマーケティングレポート1表紙
2009年3月30日発行

PDFあおもりマーケティングレポート2009(PDF:6.8MB)

  • 県産品の評価と販路拡大に向けたアドバイス
  • 青森県総合販売戦略セカンドステージ
  • 商品育成と県外販路の開拓を進める体制作り(支援機関及び支援施策)
あおもりマーケティングレポート1表紙
2008年3月25日発行

PDFあおもりマーケティングレポート2008(PDF:13.8MB)

  • 県産品の評価と販路拡大に向けたアドバイス
  • 平成19年度「売れる商品づくり」成果発表会開催レポート
  • お知らせ
あおもりマーケティングレポート1表紙
2007年3月28日発行

PDFあおもりマーケティングレポート(PDF:13.5MB)第4号

  • 青森県産品に対するマーケティングの必要性について〜県産品を売れる商品とするための条件〜(中小企業診断士 新倉勇氏)
  • 売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会から〜商品開発事例の紹介・アドバイス〜
  • 商品育成と県外販路の開拓を進める体制づくり(県産品コーディネイト機能の強化)
  • お知らせ
あおもりマーケティングレポート1表紙
2006年3月29日発行

PDFあおもりマーケティングレポート(PDF:5.3MB)第3号

  • 青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」レポート
  • 青森県産品ベンチマーク調査結果
  • 平成17年度売れる商品販売戦略モデル事業実施レポート
  • 商品づくりのポイント:デザインプロセスの重要性
  • 販路拡大と新商売の方程式
  • お知らせ(青森県PR用キャッチフレーズ・シンボルマーク・イメージキャラクター/あおもり産品情報サイト「青森のうまいものたち」)
あおもりマーケティングレポート2表紙
2005年3月28日発行

PDFあおもりマーケティングレポート第2号(PDF:6.0MB)

  • 北東北三県アンテナショップレポート
  • アドバイザーコラム〈1〉バイヤーから見た売れる商品づくりのポイント
  • 県産品に関するグループインタビュー結果
  • アドバイザーコラム〈2〉青森県産品の販売戦略の考え方
  • 青森県総合販売戦略・その他のアンテナショップ
あおもりマーケティングレポート1表紙
2005年2月10日発行

PDFあおもりマーケティングレポート第1号(PDF:6.3MB)

  • あおもり北彩館東京店レポート
  • 青森県総合販売戦略(概要)
  • 県産品アンケート調査結果
  • アドバイザーコラム〈1〉商品開発のポイント
  • アドバイザーコラム〈2〉
    お客様の購買動機に応じた自社商品と販路の選択
  • あおもり北彩館外商レポート


その他 各種資料・報告書 等



青森県総合販売戦略サードステージ

 

青森県総合販売戦略セカンドステージ

平成26年2月
PDF:9.4MB
  平成20年3月
PDF:1.3MB

青森県マーケティング啓発読本

 

総合販売戦略(分野別戦略)の策定に関する調査検討 報告書

平成20年3月
PDF:1.3MB
  平成20年3月
PDF:8.4MB

青森りんごの輸出の現状と展望

 

PDF青森県マーケティングハンドブック

青森りんごの輸出の現状と展望青森県農林水産部
総合販売戦略課
副参事 深澤 守
(2004年4月)
参考資料
県産りんご国別・年産別輸出量の推移 (PDF:45KB)
  青森県マーケティングハンドブック 〜売れる商品づくりを目指して〜
2005年2月発行
PDF:436KB

青森県産品ベンチマーク調査結果報告書



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2014 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.