トップページ > 知る > こだわりの逸品

こだわりの逸品

復活した懐かしい味、こだわって作った自慢の逸品。

バー バー
辛口の顔をしてますが、甘いんです。津軽「地野菜」。
バー バー バー
バー バー 青森ナンバ 写真 津軽藩の藩祖・津軽為信が京都から持ち帰って広めたという言い伝えがある400年以上の歴史を誇る「津軽地野菜」です。
 流通品種よりも大ぶりで辛口の姿をしていますが、ふくよかな甘味ととうがらしのさわやかな風味を併せ持つ優れた食材です。この貴重な地域固有種が失われることに危機感を強めた地元関係者が伝統の味を守り、伝えようと「在来津軽『清水森ナンバ』ブランド確立研究会」を発足させ、伝統の味を守る取り組みを進めています。

バー バー
インカトマト 野生の風味と太陽の味。ハーブ農園でつくる「究極トマト」。
バー バー バー
バー バー インカトマト 写真 トマトの原産地、インカ文明が栄えた南米のアンデス高原に今でも原生する野生種です。アンデスと同緯度の青森で、日本初の食材としての生産が始まりました。
 大きさは小指の先ほどですが、生命力がたっぷり詰まった太陽の味がするトマトです。
 糖度は高糖度トマトに比べそれほど高くありませんが、酸味とのバランスに優れたおいしさです。

バー バー
初雪たけ 透き通る白さ。松茸の芳香。
バー バー バー
バー バー 初雪たけ 「初雪たけ」は、青森県が20年かけて開発した白い「なめこ」です。その淡泊な味とシャキっとした食感、そして松茸の芳香を思わせる、雪のような白さが特徴です。1997年に青森県が登録をしました。
 なめこはみそ汁、と言われるほど和食のイメージがありますが、初雪たけは、その特徴から和食に限らず、洋食・中華の食材としても人気があります。

バー バー
テイスティングポテト ジャガイモが料理に合わせて選べます。
バー バー バー
バー バー テイスティングポテト 日本一の大規模農場「黄金崎農場」が作る世界中の美味しいジャガイモ30種類の中から10種類を厳選しました。
 テイスティング(試食)して自分のお気に入りを見つけ、新しいジャガイモ料理の世界を広げて欲しいと願いを込めてお届けします。

バー バー
毛まめ ブロンドヘアの絶品在来えだまめ。
バー バー バー
バー バー 毛まめ 「毛まめ」は古くから青森で栽培されてきた在来の枝豆で、さやに茶色の毛が目立つことから、その名がついたと言われています。
 大粒で甘味が強く、風味が絶品ですが、収穫時期が遅いことから、一般に市販できずにいました。
 早生品種の登場を機会に味わうことが可能となりました。

バー バー
華想い ふるさとのお米で吟醸酒を造りたい。こだわりの酒米誕生。
バー バー バー
バー バー

華想い 写真 2002年、青森のお米で吟醸酒を!という酒蔵や酒屋さんの思いが結実しました。その名は「華想い」。
 酒造好適米「華想い」を使った吟醸酒の開発には、青森県酒造組合、JA、青森県などが、相互に協力し合いながら取り組んでおり、米の契約栽培による生産から、醸造・販売まで、消費者に安心して提供できるシステムが構築されています。青森の水と空気と「華想い」、そして杜氏の技が織りなすこだわりを堪能してください。


バー バー
元気くん! フルーツ感覚の黒にんにく。
バー バー バー
バー バー 元気くん! 写真 日本一のにんにく産地青森県から、フルーツのような甘さを持つ「元気くん!」が誕生しました。
 薬品を一切使用しない「熟成発酵」させた黒いにんにくです。
 にんにく特有の「スコルジン」や「アリシン」はそのまま残しながら、「驚きの黒さ」と「甘さと食感」が加えられました。どうぞ召しあがれ。

バー バー
アピオス 100年前、りんごと共に運びこまれた驚異の自然食品。
バー バー バー
バー バー アピオス 絵 アピオスは、北米原産のマメ科の植物です。親指大のイモをつけ、栄養価が極めて高いことが特長です。
 青森では「ホドイモ」と呼ばれ、昔から食べられてきたものですが、明治の時代、青森県が全国に誇る「りんご」の苗木をアメリカから輸入した際、土と一緒に紛れ込んだのではないかと言われています。
 ジャガイモと比べ、鉄分で4倍、タンパク質で3倍、カルシウムに至っては30倍と驚くほどの栄養分を含んだ自然食品です。


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2013 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.