トップページ > [連載]注目商品情報! > 2017年6月号:うにだれ

浪岡アップルサイダー

「うにだれ」


 今回は、青森県下北産のキタムラサキウニを使用した、株式会社駒嶺商店(風間浦村)の「うにだれ」を紹介します。

津軽海峡が育む海の恵み「キタムラサキウニ」


 「うにだれ」の原材料であるキタムラサキウニは、津軽海峡を西から東へと流れる津軽暖流と、海峡の太平洋側を流れる寒流の親潮とが合流する豊かな水域で育つ昆布などの海産物をエサに育ちます。春から初夏にかけて旬を迎える青森県産のキタムラサキウニは、芳醇な香りと濃厚な味わいにより、県内外で高く評価されています。

株式会社駒嶺商店による商品開発


 駒嶺商店は、鮮魚販売、水産加工、仕出しと事業展開してきましたが、新たな事業として始めたのが「うにだれ」の製造販売です。
  駒嶺商店では、旬の濃厚な味わいをいつでも手軽に楽しんでもらいたいとの思いから、キタムラサキウニを20%も使用した「うにだれ」を開発しました。
  さらに、この「うにだれ」には、駒嶺商店が津軽海峡から汲み上げた地下水を20時間煮詰めて作った「津軽海峡の塩」を使用しており、地元食材へのこだわりの中で、約2年間の開発期間を経て生まれた新商品となりました。


商品概要


商品名

うにだれ

商品特徴

下北産のキタムラサキウニを20%含有。
自社製品「津軽海峡の塩」を使用。

内容量

140g

販売価格(税込)

1,200円




食べ方いろいろ



「うにだれ」を絡めたパスタ
<アイデアその1>
たれやドレッシングのように、お刺身・豆腐・サラダなどにかけると、濃厚な味わいに変身。

<アイデアその2>
お湯で約10倍に薄めて、スープにしても美味。

<アイデアその3>
茹でたパスタに絡めて、お洒落な一品に。
そのままお酒のお伴にしても大変美味しくいただけます。

その他にも、アイデア次第で様々な料理に展開できます。



販売店等

・駒嶺商店ホームページ内のインターネット販売サイト「海峡市場ばんや」  (http://komamine.shop-pro.jp/)
・A-Factory(青森市)、JR七戸十和田駅内売店(十和田市)、トラベルプラザサンシャイン(横浜町) 他


問い合わせ先

株式会社 駒嶺商店
電話:0175-35-2211
FAX:0175-35-2077
住所:〒039-4503 青森県下北郡風間浦村大字蛇浦字新釜谷2-3



掲載日:2017年6月15日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.