トップページ > [連載]注目商品情報! > 2017年3月号:黄金焼とろさば

浪岡アップルサイダー

「黄金焼とろさば」


 今回は、青森県特産品コンクールで(公社)青森県物産振興協会会長賞を受賞した、合同会社マルカネの「黄金焼とろさば」を紹介します。

「黄金焼とろさば」


 名前のとおり黄金に輝く焼きさば。焼いてありますが、刺身のようにスライスして冷たいまま食べるのがお勧めです。通常の焼さばのようにパサつかずしっとりしており、口に入れると体温で脂が溶け出し、さば独特のうま味が口の中いっぱいに広がります。ごはんを邪魔せず、飽きずに食べられる味付けで、骨を取り除いているので安心してお召し上がりいただけます。

 

こだわりの技術


 八戸市にある合同会社マルカネは、鯖をメインとした水産加工販売会社。独自技術と丁寧な仕事ぶりで、高品質な専門店の味を再現しています。
  何といっても特徴的なのは、逆境が生んだマルカネ独自の技術「紙技」。焼さばの皮がはがれてしまうという問題を解決するために「紙技」は誕生しました。
  「紙技」は独特の下処理の技術と、独自配合した粉末の調味料がポイントです。さばの切り身を一切れずつキッチンペーパーで包み、粉状の調味料をまぶし一晩寝かせます。粉状の調味料を使うことで絶妙な味付けが可能となります。そして、余分な水分が取り除かれるため、身がしまり食感が増すほか、味が染みやすくなるので、一夜干しのようにうま味が凝縮します。
  このように、紙技熱風焼にすることで、味や食感に特徴を出すことはもちろん、身から皮がはがれることなく美しい黄金色の焼目のふっくらジューシーな「黄金焼とろさば」に仕上がります。
  また、身割れしやすいさばの身を崩さず骨を取り除く作業は熟練の技を必要としますが、手作業で一本ずつ丁寧に骨抜きを行っており、ここにもマルカネのこだわりを見ることができます。

 

安全の証「A-HACCP(あおもりハサップ)」

 マルカネでは品質の保持や安全性の確保のため、原材料の仕入れから加工、商品の製造・販売までを一貫して自社で行っており、あおもりハサップの認証を受けました。お客様に安全・安心な商品をお届けしています。

  県では、「青森県食品衛生自主衛生管理認証制度」(あおもりハサップ)を立ち上げ、県産食品の製造・加工を行っている事業者の自主衛生管理への取組を応援しています。
  あおもりハサップとは、食品の安全性確保の国際的な標準であるHACCPの考え方に基づく自主衛生管理を進めている県産食品の製造・加工施設を認証する制度です。
  食品事業者の自主衛生管理の推進を積極的に評価し、HACCPの普及を促進することで、県産食品の安全性を確保することを目指しています。

 

商品概要
商品名

黄金焼とろさば

容量 160g
価格(税別) 700円
保存方法 冷凍





販売場所・問い合わせ先

「合同会社マルカネ」
電話:0178-32-0196
住所:八戸市湊高台5-5-4
お取り寄せサイト : https://www.saba-marukane.com/(外部サイト)


 さば加工のプロがお届けする、全く新しいかたちの焼さば「黄金焼とろさば」を是非一度お試しください。



掲載日:2017年3月15日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.