トップページ > [連載]注目商品情報! > 2016年6月号:味よし三好 米みそ

浪岡アップルサイダー

「味よし三好 米みそ」


 今回は、昔ながらの製法で製造されている「味よし三好 米みそ」を紹介します。

「買い手よし、売り手よし、世間(地域)よし」


 三好むらづくり協議会では、五所川原市産の農産物を主原料とした加工品を販売することで地産地消はもとより地域の活性化を図っています。三好(藻川、鶴ヶ岡、高瀬)地域の先輩女性達が、岩木川のもたらす肥沃な土地で育まれた農産物を活用し、味噌などの加工品を作り始めたのが昭和62年。今では先輩女性達が作り続けてきた昔ながらの地区の味を伝承するとともに、平成21年からは地域の若い担い手が加工技術を継承し、さらにグレードアップしながら三好の味を守っています。近江商人の言葉「買い手よし、売り手よし、世間(地域)よし」の「三方よし」を目指し、お客様の要望に応えた商品作りを行っています。 また、協議会の商品は、五所川原市の学校給食でも使用され、生徒達の加工所見学や地域の子供たちへの加工品提供などに協力するなど、食育教育にも一役買っています。


「味よし三好 米みそ」


 米で作ったこうじと、蒸し大豆を混ぜた手作りの米味噌です。使用する大豆と米はもちろん五所川原市産、三好地域の加工施設において製造しています。 味噌は6か月以上熟成させます。地元産の大豆と米(こうじ)、塩だけの昔ながらの製法で製造しているので、酵母や酵素は生きたままで、じわじわとコクと旨みが増していき、味噌本来の味わいを楽しむことができます。 また、活動30周年を記念して商品パッケージをリニューアルしました。出来上がった味噌は呼吸をしているためバルブ付きのパッケージを採用し、当協議会の商品だとわかりやすいよう、他の商品とも統一デザインで展開しています。

 

「味よし三好」商品ラインナップ

 

・おとうふ

地元産大豆を使用し、防腐剤は一切使用せず、昔ながらの製法で製造し、大豆の風味が感じられます。




 

・焼肉のたれ(しょうゆ味、みそ味)

みそ味は青森県産のにんにくと三好で作った米みそをベースに、県産りんごを30パーセント使用しています。
また、しょうゆ味は隠し味として県産りんごと米みそを使用 。





 


商品概要
商品名

内容量

下記販売店
での価格(税別)
米みそ 1kg 550円
500g 350円
おとうふ 400g 160円

焼肉のたれ
(しょうゆ味、みそ味)

220g

500円

他にも、冬の間に仕込む限定品の「三五八漬の素」や「みそチキン棒」などを製造販売しています。


販売店
  • JAごしょつがる まるっと新鮮館
  • 三好むらづくり協議会 農産物加工センター売店
  • やさいSUNプラザ
  • 中泊町特産物直売所 ピュア


問い合わせ先

三好むらづくり協議会 農産物加工センター
電話:0173-36-3474
住所:五所川原市大字藻川字中島2-1


  
30年間守り継がれてきた、五所川原市三好地域の味をお試しください。



掲載日:2016年6月15日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.