トップページ > [連載]注目商品情報! > 2015年9月号:ジャパンプレミアム津軽

浪岡アップルサイダー

ジャパンプレミアム津軽

 今回は、サントリー「ジャパンプレミアム産地シリーズ」から、「ジャパンプレミアム津軽」を紹介します。

「ジャパンプレミアム」産地シリーズ

 風土と気候に恵まれ、健全で完熟したぶどうが収穫できる産地であること。情熱ある栽培者が存在すること。この2つをクリアするエリアを選定し、日本の産地ごとの気候・土壌の個性を引き出すことをコンセプトにつくりあげたワインです。厳選した上質な国産ぶどう100%でつくられています。

 

「ジャパンプレミアム津軽」

 サントリーの厳しい条件をクリアしたエリアが、青森県の津軽地方にもあります。弘前市と北津軽郡鶴田町にあるぶどう畑は、標高100mから150m、岩木山の火山灰土壌が堆積した肥沃な土地で水はけが良好です。また、4月から8月の生育期の降雨が少なく、夏は気温が上昇、日照時間も比較的長くなります。そして、成熟期には一気に冷涼になることによって香りが豊かになります。まさにワイン用ぶどうの栽培に適しています。
 津軽地方の肥沃な土壌と気候は、ワインにあまやかで可憐な果実味を生み出します。
「ジャパンプレミアム津軽」は、「ピノ・ノワール」、「ピノ・ノワール ブラン ド ノワール」「シャルドネ」、「ソーヴィニヨン・ブラン」の4種類、数量限定で製造・販売されています。

商品ラインナップはこちらから
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/wine-cellar/list_jp_sanchi_aomori.html#dach



日本ワインコンクール2015金賞受賞「ジャパンプレミアム津軽シャルドネ2013」

 この度、ジャパンプレミアム産地シリーズ「津軽シャルドネ2013」が、日本ワインコンクール2015において金賞を受賞しました。日本ワインコンクールとは、国産原料ぶどうを100%使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図ることと、産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めることを目的に開催されている審査会で、今回で13回目の開催となります。
 2013年の津軽エリアは、夏季の降雨の影響はあったものの、9月以降持ち直し、全体的に良質なぶどうが収穫できました。シャルドネは、10月に降雨を避けての収穫となり、香りは十分蓄積されており、香り豊かなワインに仕上がりました。
  産地の特長であるりんごの香りに加え、和梨を思わせる豊かな果実の香り、新鮮な酸味と自然な甘さがバランスよく広がる良好な白ワインとなっています。

 

販売場所

「ジャパンプレミアム津軽」は、数量限定でサントリーオンラインショップなどで販売中です。

サントリー登美の丘ワイナリーオンラインショップ

 

商品概要

  • 商品名:ジャパンプレミアム津軽シャルドネ2013
  • 特長:淡いレモンイエローがかすかに存在するのがわかる程度の透明でクリアな色調。完熟した密りんごを思わせるようなボリュームのある香り、口に含むとふくらみのあるたっぷりとした果実の豊かな味わいが感じられます。辛口ながら果実の甘いニュアンスと爽やかな味わいを楽しめます。
  • 参考価格:2,700円(税込)
  • 内容量:750ml

 地元のワインには地元の食材がよく合います。津軽のワインには、鮮魚の焼き魚やムニエル、ホタテはもちろん、青森シャモロックのソテーや鍋など、後味がすっきりとした津軽シリーズはぴったりです。ぜひ一度お試しください。

 



掲載日:2015年9月15日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.