写真三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

 三内丸山遺跡は、今から約5500年前〜4000年前の縄文時代の集落跡で、日本最大級の規模を誇る国の特別史跡です。広大な遺跡跡には、大型堅穴住居や高床倉庫のほか、クリの丸太を組んだ高さ14.7mの大型掘立柱建物が再現されています。


《詳細&関連情報》