写真恐山(おそれざん)

 比叡山、高野山と共に日本三大霊場に数えられる恐山は、貞観4年(862)に慈覚大使によって開山され、天台宗の修験道場として栄えました。風車がカラカラとまわり荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ち込める様子は、地獄や浄土に見立てられており、シーズンを通じて多くの参拝者が訪れます。年二回の大祭では、多くのイタコが集まり、亡き死者の霊をこの世に呼び戻す「口寄せ」が行われます。

《詳細&関連情報》