トップページ:あおもり食のエリア > 奥津軽 食のエリア:深浦マグロステーキ丼

《あおもり食のエリア》奥津軽 食のエリア
コレ食べて!
3種の小どんぶりでマグロを楽しむ

深浦マグロステーキ丼


深浦マグロステーキ丼

 青森県のマグロといえば大間マグロが有名ですが、実は漁獲量は深浦町が県内一。津軽海峡で獲れるマグロに比べるとやや小ぶりですが、ほどよく脂がのっており、漁期が長いので年間を通して新鮮なマグロを味わうことができます。
 この深浦産マグロを活かした新ご当地グルメが「深浦マグロステーキ丼」。深浦町産の天然本マグロを三個の小どんぶり(刺身、片面焼き、両面焼き)で楽しむ、マグロ尽くしどんぶり御膳です。両面焼きのタレや、セットになっている汁物、香の物、デザートは、提供店が独自にアレンジ。各店オリジナルのマグステ丼をお楽しみください。

写真
刺身で
写真
焼きで

提供店マップ

QRコード 地図からお店を検索することができます。(下のリンクをクリックして下さい。 )

上記マップの掲載内容については、予告なく変更になっている場合がありますので、 正確な情報は必ず各店舗にお問い合わせください。


事務局(お問合先)

深浦マグロ料理推進協議会

  • 住所:青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢84-2(深浦町役場 内)
  • 電話:0173-74-2211

深浦マグロステーキ丼のトリビア

  • 深浦町で水揚げされるほとんどのマグロは、日本で消費される数種のマグロの中でも最高級とされる「クロマグロ」。日本海を回遊し津軽海峡へ向かう途中、深浦町の沿岸部で漁獲された「クロマグロ」が「深浦マグロ」で、やや小ぶりですが、ほどよい脂ののり加減で味の良さに定評があります。津軽海峡(松前・大間・戸井)のマグロに比べ漁期が長いので、新鮮なマグロを通年、味わえるのも特徴です。
写真
深浦マグロ大型定置網漁
写真
深浦マグロ水揚
  • 深浦マグロステーキ丼では、お客様自身にお好みでマグロを焼いていただきます。焼くのに用いるのはジンギスカン鍋で、すぐ焼ける、煙が出ない、油やバターを使わなくてもくっつかないと、いいことづくめ。焼く時のジュウジュウいう音も御馳走。

コレもおすすめ!

奥津軽 食のエリアの登録料理

写真
激馬かなぎカレー

地元特産品を使用した新たなメニュー
写真
十三湖しじみラーメン

十三湖の「しじみ」のうまみがたっぷり!
写真
ごしょ山宝汁

つくね芋団子のソフトな食感と口の中でいっぱいに広がる旨汁がたまらない
写真
鰺ヶ沢ヒラメのヅケ丼

極上ヒラメの贅沢ご当地丼
写真
鰺ヶ沢イトウ料理

川のトロといわれるほど美味な「幻の魚」のおもてなし料理。
写真
五所川原十三湖 しじみの汁焼そば

「しじみ汁 × 焼きそば」の新ご当地グルメ。

こちらもチェック!

奥津軽 食のエリアのうまいものたち

写真
つるつるわかめ

「ダウンタウンDX」でも紹介された、健康と美容におススメの低カロリー食品。
写真
ふかうら雪人参

寒さの中で熟成された芳醇な人参の香りと甘みが自慢です。
写真
つがるメロン

7月上旬から9月中旬頃まで5品種のメロンがリレー出荷されます。
写真
Rasberry Dream TSUGARU

農薬を使用せずに栽培したこだわりのラズベリーを使用したジャム、ドレッシング等。

周辺産直情報(県内直売所情報)

奥津軽 食のエリアの郷土料理

観光情報(外部サイト「青森県観光情報アプティネット」へリンクしています)

写真
(白神ラインから見える)白神山地
写真
青池
写真
ブナの新緑
写真
行合崎の夕陽

 

掲載日:2015年3月4日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.