トップページ:あおもり食のエリア > 本州最北 食のエリア:大間マグロ料理

《あおもり食のエリア》本州最北 食のエリア
コレ食べて!
大間マグロの地元飲食店が提供する

大間マグロ料理


大間マグロ料理

 全国的にも知名度の高い「大間まぐろ」は、クロマグロ「別名ホンマグロ」と言われ、平成13年の築地市場初セリでは、202kgのマグロに2,020万の市場最高値がついた。まさに黒いダイヤ。このマグロを地元大間町で寿司、まぐろ丼などの料理で提供しています。

写真 写真

提供店マップ

QRコード 地図からお店を検索することができます。(下のリンクをクリックして下さい。 )

上記マップの掲載内容については、予告なく変更になっている場合がありますので、 正確な情報は必ず各店舗にお問い合わせください。


事務局(お問合先)

大間町飲食店組合(食事処 すみよし)

大間マグロ料理のトリビア

  • ロゴここが凄い大間のマグロ
    大間のマグロは、「クロマグロ」。別名「ホンマグロ」とも言われ、マグロの中では最も大型の種類。最大で3mを超えるものもある。大間でも最大440キロのものも水揚げされて、大間崎にあるマグロ一本釣りモニュメントのモデルとなっている。また価格も高く、平成13年の築地市場初セリでは、202キロのマグロに2,020万の史上最高値がついた。まさに黒いダイヤ。
  • 大間のマグロは、大間崎沖1〜3キロメートルで釣れる近海物だけに、東京築地市場でも値が高く、外国産の冷凍マグロが1キロ当たり7000円前後なのに対し、軽く数万円の値がつき、高値のため大物はほとんど大市場へ直送され、「地元でおいしいマグロが捕れるのになかなか口に入らない」と嘆く声もある
写真
水揚げは主に9月から12月ころ
写真
大間崎のマグロ一本釣りモニュメント

コレもおすすめ!

本州最北 食のエリアの登録料理

写真
大湊海軍コロッケ

下北地域の大人気メニュー
写真
みそ貝焼き(みそかやき)

下北地方の郷土料理。

こちらもチェック!

本州最北 食のエリアのうまいものたち

写真
いももちのじゅねあえ

地元の保存食「かんな掛け芋」の粉を使ったお餅。
写真
オコッペいも

大間町に明治時代から伝わる「オコッペいも」。ほっこりホクホクです。
写真
みそ貝焼きの素(うすみそ)

下北の郷土料理みそ貝焼き(みそかやき)をご家庭で。
写真
下北半島佐井村の天然ヒラメ

県の魚ヒラメ。寒さが増す度に身が締まって美味しくなります。

周辺産直情報(県内直売所情報)

本州最北 食のエリアの郷土料理

観光情報(外部サイト「青森県観光情報アプティネット」へリンクしています)

掲載日:2010年11月1日


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2013 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.