トップページ > 坂本先生の「あおもり旬弁当」

坂本先生の「あおもり旬弁当」

*連載は2010年3月で終了しました。バックナンバーをお楽しみください*

 新聞や広報誌などで、地域の食材を活かしたレシピを連載されている青森県立田名部高校の坂本先生に、季節ごとの旬の食材を使ったお弁当メニューを紹介していただきました!

シェフ坂本 謙二 先生のご紹介

 このコーナーで、地域の食材を活かしたレシピをご紹介いただだいた坂本謙二先生は、新聞やむつ市政だよりなどに食に関する特集記事を連載されていたほか、ユーモアあふれる語り口で、地元の食材を使った料理教室や講演会でもご活躍中。そんな先生は、なんと、家庭科ではなく『化学』の先生です。『生化学の分野に、栄養学に関するものがありますので、料理と化学には相通じるものがあるんですヨ。』と坂本先生。『お弁当は、食材の彩りを豊富にすることで、自然と栄養バランスが良くなります』とのアドバイスをいただきました。みなさんも、青森県の旬の食材を使って、彩り豊かなお弁当をつくってみてください!


-
お弁当イメージ 2010年3月号

春はやっぱりちらし寿司

3月は、むつ市川内町産の「アカガイ」を使ったちらし寿司のお弁当です!

-
お弁当イメージ 2010年2月号

ヤリイカにピラフを詰めた洋風イカ飯

ヤリイカの旬は1月から3月頃まで。 透き通るような白さ、上品な甘さ、繊細な味わいで、青森県が誇る人気の食材です。

-
お弁当イメージ 2010年1月号

青森の冬を満載!ホタテの炊き込みご飯・タラのピカタ

寒くなって、ホウレン草の葉も厚くなり、甘さも増してきます。ホタテも卵巣が大きくなり旨みも濃くなってきます。青森の冬の食材満載の弁当です!

-
お弁当イメージ 2009年12月号

大根のフルコースとイカハンバーグ

12月は先月に引き続き、豊作の大根を使ったお弁当です!皮から葉まで、まるごと1本使いきるヘルシーなお弁当です。

-
お弁当イメージ 2009年11月号

秋色満載 炊き込みご飯 / シンプルおでん / イカのリング揚げとカボチャの煮物

秋になると無性に炊き込みご飯が食べたくなります。シンプルおでんは、下北産の昆布とヤキボシを使い、出汁の美味しさを味わってください。

-
お弁当イメージ 2009年10月号

サンマのかば焼きと野菜の炊き合わせ

サンマのおいしい季節です。まるごと焼いて食べるのも美味しいですが、 三枚おろしでお料理のレパートリーがぐぐっと広がりますヨ!

-
お弁当イメージ 2009年9月号

高原野菜のレタス巻きとアイナメの甘辛煮〜マーボー茄子・豆腐を添えて

青森県の高原野菜が出まわる時期です。レタスの外側の葉は緑が濃く、固く大きく 内側を保護しています。今回は、この外側の葉に敬意を払い、ゆでて使います。

-
お弁当イメージ 2009年8月号

青森シャモロックの歯ごたえを楽しむ

青森が誇る地鶏「青森シャモロック」を煮切り酒にみりんと醤油を合わせたタレに漬け、照り焼き風にしました。夏ですので、少し濃いめの味付けにしています。

-
お弁当イメージ 2009年7月号

県の魚「ヒラメ」と自然農法野菜の出会い

青森県が水揚げ日本一の魚「ヒラメ」。6月から8月はヒラメの産卵時期で、量・質・価格ともに一年で一番お求め安い時期となっています。

-
お弁当イメージ 2009年6月号

海峡サーモンでメタボを撃退「ラタトゥイユとのパピヨット」

津軽海峡の激しい潮流にもまれて育つ「海峡サーモン」に含まれる脂肪酸が、中性脂肪の減少、コレステロールの減少、アルツハイマーの改善、皮膚の炎症の改善、脳〜血管関門の正常化などに効力を発揮!旬のこの時季にぜひ味わってみてください!

-
お弁当イメージ 2009年5月号

青森の春の風物詩「アサリごはんと笹竹の煮物」〜うるいの酢味噌かけ、海鮮八宝菜を添えて〜

根曲がり竹(ネマガリタケ)、姫たけとも呼ばれる、細くみずみずしいタケノコ「笹竹」をつかった、青森の春満載のお弁当です!

-
お弁当イメージ 2009年4月号

冬のなごりのヤリイカとサクラマスの塩焼き/春を呼ぶワカオイご飯

若生(わかおい)とは、春先に採れる、薄く柔らかい昆布のこと。海苔の代わりに、この若生昆布で巻いたおむすびは、下北地方の郷土食です。

-



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.