あおもり食の文化伝承財 レシピ


あおもり食の文化伝承財

そばかっけ

料理写真 材料【5人分】
・そば粉…1kg
・塩…大さじ1
・水…3カップ
・大根…1/2本
・豆腐…1丁
・にんにく…1片
・みそ…大さじ3
・だし汁(昆布、干ししいたけ)

作り方

  1. そば粉と塩を混ぜて、水でこねる。
  2. 1をめん棒で3mmほどの厚さに伸ばす。
  3. 生地をめん棒に巻きつけたまま、中央部に包丁を入れて生地を開く。
  4. 開いた生地の中央部をさらに切り、重ねて端から三角形に切っていく。
  5. 鍋に昆布と干ししいたけを入れてだしを作る。
  6. 大根は輪切りにし、一度下ゆでしたものを5に入れる。
  7. すり鉢にみそとにんにくを入れてよくすり、にんにくみそを作る。
  8. 5に4、6を入れて煮る。
  9. 7のみそをつけて食べる。

料理のポイント

  • かっけの厚さは、そばはっと(そば)と同じくらいに伸ばす。(厚いとうま味がしみにくい)
  • 鍋に入れるときは、少量ずつ入れないとお互いにくっつきやすい。
  • 大根は必ず下ゆでする。

伝承財データ

  • 南部町(旧名川町)
  • 客のもてなし時
    農神様への供物
  • 日渡 スゲ
  • 「かっけ」とはそばの欠けら、端っこのことで、南部藩の殿様がこの地方の手打ちそばを食べたところ、このような美味しいものを庶民は食べていけないと御法度にしたため、庶民は、端の方を三角に切ってねりみそをつけて食べたのだそう。 別の由来として、「かあけえ」(どうぞ召し上がってください)ともてなしの場で使われた言葉が何年かたつうちに「かっけ」と変化したという説もある。三戸町、田子町、南部町では「つつけ」とも呼ばれている。
  • そばかっけの材料は、各農家で年間に必要な量を栽培し、そば粉にして湿気のない箱で保管していた。

備考


伝承財 NO.32


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.