トップページ > 調理する > 下ごしらえ道場 > メバルのさばき方

メバルのさばき方

煮付けや焼き物が一般的ですが、脂が乗っている旬のメバルは「刺身で食す」のがオススメ!コリコリした食感と、身に行き渡った脂の醸し出す絶妙なハーモニーを楽しんで下さい。


春が旬のウスメバル(下前漁協)

黒メバル(外ヶ浜産)


メバル画像 メバル画像
1. まずは鱗を剥ぎます。
刺身にした時に、鱗が口に入るとせっかくの美味も台無しですから、まな板からも綺麗に鱗を取り除いて下さい。
  2.両面鱗を剥ぎ終えたら、胸ヒレを持ち上げるようにして包丁を入れ頭を落とします。

メバル画像 メバル画像
3. 頭に付いているハラワタも一緒に取り除きます。   4.二つのパーツになります。

メバル画像 メバル画像
5.背ビレに沿って尾から頭に向けて2〜3ミリ切り込みを入れ、改めて尾から中骨に達するまで包丁をいれます。上手くなると「カリカリ」と骨と包丁が当たる音がします 。   6.腹側も同じように包丁をいれます。

メバル画像 メバル画像
7.尾のほうからブッツリ包丁を入れて頭に向けて一気に身と骨を切り離します 。   8.切り離した所です。

メバル画像 メバル画像
9.反対側の身も同じようにします骨に残った身がキラキラ光っています。脂が乗っている証拠!   10.腹骨を削ぎ落とします。

メバル画像 メバル画像
11.身の真中よりかなり下側にある中中骨を身の下側に残すようにして半分にします。   10.尾の方の身を少しだけ切り落とし皮をつまんで身と皮の間に包丁を入れ皮を剥ぎます。

メバル画像 メバル画像

12.包丁を動かすのではなく、つまんだ皮を左右に動かすようにすると綺麗に剥げます。

  13.もう半分も同じようにして皮を剥ぎます。そして残っている中中骨の部分を切り落とします。

メバル画像 コリコリした食感と、身に行き渡った脂の醸し出す絶妙なハーモニーを楽しんで下さい。

14.はい!出来上がり!
小ぶりな切り身にして召し上がって下さい。

  資料提供:青森魚類(株)

 



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.