トップページ > 調理する > 下ごしらえ道場

下ごしらえ道場

青森産品…「使ってみたいけど、どうすればいい?」というお料理初心者さんから、 「くせがある、下ごしらえが面倒…。」「実は使い方が今ひとつ分からない。」というベテランさんまで、 知っているようで知らない、県産品の下ごしらえや調理のコツをご紹介します。 ちょっとしたひと手間で、おいしい青森産品がぐぐっとさらにおいしくなりますよ!


サムネイル画像ガサエビのゆで方・むき方

津軽のお花見に欠かせない「ガサエビ(シャコ)」。 青森産は、全長が15センチ〜20センチほどで、他の地域で水揚されるモノよりも大きいのが特徴です!

サムネイル画像イカのさばき方

淡白さが持ち味のイカは、煮て良し、焼いて良し、フライもまた良し。和・洋・中と、どんな味付けにもなじむ料理のバリエーションが豊富な食材。県内全域でイカが捕れますが、特に八戸港はイカの水揚げ日本一です!

サムネイル画像アンコウのさばき方

アンコウは「吊るし切り」でなくても、体全体が軟骨の為家庭でも簡単にさばくことが出来ます。ぜひチャレンジしてみて下さい。青森の伝統的な家庭料理「アンコウの共和え」の作り方もご紹介します!

サムネイル画像しめ鯖の作り方

丸々と太って、目が澄んで居る鮮度のいい鯖を見つけたら、切り身にして持ち帰るのではなく、一本ごと買って帰り、家庭で「MYしめ鯖」にチャレンジしてみて下さい。

サムネイル画像メバルのさばき方

青森で「メバル」といえば、「ウスメバル」のこと。煮付けや焼き物が一般的ですが、脂が乗っている春、旬の時季には、ぜひお刺身をお試し下さい。

サムネイル画像サクラマスのさばき方(三枚おろし)

サクラマスは捨てるところのない魚。頭や骨などのアラは汁物に、ハラスの部分は焼いて食べるとおいしいです。 大きな魚で三枚おろしができるようになると、色々な魚をさばけるようになりますので、ぜひ覚えておきましょう。

サムネイル画像ホタテの上手なむき方

むき身も手軽でいいけど、ホタテはやっぱり殻付きで!殻つきのホタテ貝は、口がしっかり閉じて、生きているものを選びましょう。


サムネイル画像サンマの3枚おろし

秋の味覚・サンマ!まるごと焼いて食べるのも美味しいですが、 三枚おろしでお料理のレパートリーがぐぐっと広がりますヨ!


サムネイル画像なまこのさばき方

肉が良く締まって美味しくなる冬が旬です。青森では正月料理には欠かせない一品!

サムネイル画像ホッキ貝のむき方

ホッキ漁は期間限定の味覚! 旬は冬から春で、アワビと並ぶ人気の高級貝です。


みんなのあおうま:投稿コーナー(採用者には決め手くん特製グッズプレゼント!)



バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.