トップページ > 県産品への取り組み、支援事業のご案内 > 平成18年度売れる商品販売戦略モデル事業結果報告

県産品への取り組み、支援事業のご案内

平成18年度売れる商品販売戦略モデル事業結果報告

県では、平成16年度に県産品の総合販売戦略を策定し、その中の商品づくり分野戦略の具体的事業として、平成17年度より「売れる商品販売戦略モデル事業」を実施しています。

ここでは、平成18年度の取組状況を紹介します。

《目次》
  1. 売れる商品づくり応援隊推進費補助結果
    • 売れる商品づくり応援隊推進費補助金事業一覧
  2. 売れる商品評価会の開催
  3. 「売れる可能性のある商品」選定品一覧
  4. 売れる商品県外県内消費者評価会の開催
  5. 売れる商品ブラッシュアップ事業
    • デザイン草の根相談会の開催
    • デザインフォローアップ
    • デザイナー活用読本の作成
  6. 意識啓発と情報発信
    • 売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会(平成19年2月14日開催)
    • ふるさと食品レベルアップ評価会(平成19年2月19日開催)
    • FOODEXJAPAN2007(第32回国際食品・飲料展)への参加(平成19年3月13日〜16日 幕張メッセ)

1.売れる商品づくり応援隊推進費補助事業実施結果

お客様のニーズやマーケティング活動を意識して、県産の農林水産物を素材とした商品の開発や既存商品の改良に伴う事業にかかる経費また、「売れる可能性のある商品」に選定された商品については試験販売についての経費の一部を支援する事業です。

この補助事業では、(1)書類審査 (2)試食を伴う応募者のプレゼンテーション(売れる商品評価会に出品していただいてのプレゼンテーションです) を踏まえて、流通分野・デザイン分野・経営分野・商品開発分野など各専門分野の審査員による検討を行いました。また、審査には加わりませんが、県のふるさと食品研究センターや農林総合研究センターの研究員や、消費者を代表して、The 企画エルサーチの蒔苗代表にオブザーバーとなっていただき、事業者の皆様に、直接または評価会後に事務局から送付される結果通知に添付されるアドバイスシートにより、アドバイスしていただきました。

審査会風景画像
【審査会風景】

様々な分野からのアドバイスを受けることから、参加された皆様の中には、どのアドバイスが良いのか判断しかねた方もいらっしゃいました。

判断に悩む場合は、原点に戻って下さい。

この商品を何故作ったのか?誰にお買い求めいただくために開発しましたか?どこの店に置いてもらいたいと思って作りましたか?ご自身の商品コンセプトが決まっていれば、そのコンセプトに合うアドバイスを選択できるはずです。

 

審査員のご紹介

流通分野・デザイン分野・経営分野・商品開発分野など各専門分野の方々が審査員となっています。

 売れる商品づくり審査員一覧 (57KB)

 

補助審査結果

今年度は、加工食品・一次産品・工芸品の3部門の事業について、補助審査を実施し、加工食品6件、一次産品3件、工芸品3件について補助対象事業を選定しました。

平成18年度、補助事業に選定された事業については、すべて売れる可能性のある商品に選定されました。

【加工食品部門】

商品名 種類 実施主体名 事業内容

コムラの昔づくりの

なんばんみそ

 漬物

コムラ醸造株式会社

開発・改良

ブナ(※)の薫 

(長谷川自然豚加工品詰合せギフト)

 肉加工品

十和田ミート株式会社

開発・改良

販売

米こうじ味噌

 調味料

小浜屋醸造

開発・改良

販売

愛りんドレッシーソース

ななこのポン酢

 調味料

有限会社華

開発・改良

販売

ほたて十万石

(わさび・明太子)

 かまぼこ

カネセ高橋かまぼこ店

開発・改良

販売

小さな畑からの贈り物

HappyBerry

 ジャム

知的障害者厚生施設

かけはし寮

販売

(※)ブナは「木」へんに「無」と書きます。

【一次産品部門】

商品名 種類 実施主体名 事業内容

農薬・化学肥料不使用

つがるロマン

 米

有限会社ケイホットライス

意識啓発

開発・改良

販売

ゼネラル・レクラーク

 果実

JAまべち ゼネラル・レクラーク生産部会

意識啓発

販売

にんにく(田子町産)

 野菜

田子かわむらアグリサービス

有限会社

開発・改良

販売

【工芸品部門】

商品名 種類 実施主体名 事業内容

サクリカードセット

 裂織

テキスタイルスタジオ村上

開発・改良

後ろ手急須

 陶器

津軽金山焼き窯業協同組合

開発・改良

青い森の瑠璃

ガラスジュエリー美

ガラス

(アクセサリー)

GlassWorks 三内丸山

意識啓発

開発・改良

販売

※商品の詳細情報は、「3.売れる可能性のある商品選定一覧」をご覧ください。



2.売れる商品評価会

自社の商品は、消費者からどんな評価を得ているのでしょうか。

バイヤーの目から見て、市場性がある、「売れる」可能性があると判断されるでしょうか。

「売れる商品評価会」では、県産の農林水産物を素材とした既存の商品や開発した新商品が、消費者にも受け入れられるものか、「売れる」かどうかを、消費者とマーケティングの専門家、バイヤーの視点で評価してもらうとともに、専門家にアドバイスしてもらいました。

今年度は、昨年度の加工食品に一次産品と工芸品を新たに加えて、評価会を実施しました。

部門 補助金審査日程 応募総数 選定件数
加工食品 平成18年 6月29日(木) 15件 6件
平成18年11月22日(水)
一次産品 平成18年10月31日(火) 3件 3件
工芸品 平成18年 7月25日(火) 3件 3件

 

評価会風景

熱心に耳をかたむける事業者

「なんとか商品を売れるように改良したいが、そのノウハウがわからないので、経費支援ではなく、純粋に、専門家のアドバイスが欲しい」と、応募されてきた事業者の方が多かったように思います。

また、意識的・無意識にかかわらず、ストーリー性を有する商品が多く見られ、売れる可能性が高い商品が見られました。

ただし、「売れる商品」とするために必要な、商品コンセプトの検討等、自社商品の特徴の分析が不十分なようで、委員の皆様にアドバイスをもらっていました。

 

3.売れる可能性のある商品選定一覧

平成18年度選定された商品は下記のとおりです。

(各商品の詳細情報については、PDFファイルをご覧下さい。)

(1)加工食品部門     加工食品部門1(1.13MB) 加工食品部門2(995KB)

商品名 種類 実施主体名

ほたて十万石

(わさび・明太子)

かまぼこ カネセ高橋かまぼこ店

ひらめ寿司

押し寿司 マルスイ株式会社

ブナ(※)の薫 

(長谷川自然豚加工品詰合せギフト)

肉加工品 十和田ミート株式会社

コムラの昔づくりのなんばんみそ

漬物 コムラ醸造株式会社

玄米大好き(ぽんせん)

お菓子 有限会社ゆい農園

小さな畑からの贈り物

HappyBerry

ジャム 知的障害者厚生施設かけはし寮

愛りんドレッシーソース

ななこのポン酢

調味料 有限会社華

ほたて魚醤

調味料 有限会社すぎやま

鶏がら鍋つゆ

調味料 ワダカン株式会社

米こうじ味噌

調味料 小浜屋醸造

かねさ大寒仕込み味噌

調味料 かねさ株式会社

(※)ブナは「木」へんに「無」と書きます。

※商品情報は変更される場合があります。


(2)一次産品部門   一次産品部門(707KB)

商品名 種類 実施主体名

農薬・化学肥料不使用

つがるロマン

有限会社ケイホットライス

ゼネラル・レクラーク

果実

JAまべち

ゼネラル・レクラーク生産部会

にんにく(田子町産)

野菜 田子かわむらアグリサービス(有)

※商品情報は変更される場合があります。

(3)工芸品部門   工芸品部門(1.23MB)

商品名 種類 実施主体名

サクリカードセット

裂織 テキスタイルスタジオ村上

ダストボックス Twist

木工 ブナコ漆器製造株式会社

後ろ手急須

陶器 津軽金山焼窯業協同組合

南部裂織

(ランナー、ランチョンマット)

裂織 南部裂織保存会

あじろ編み盛かご

あけび蔓細工 竹内啓子

漆塗りマウス

漆器 遊工房

青い森の瑠璃

ガラスジュエリー美

ガラス

(アクセサリー)

GlassWorks 三内丸山

※商品情報は変更される場合があります。



4.売れる商品県内県外消費者評価会

 

写真17年度は、県内のみで消費者を集め、商品を試食していただき、消費者の視点で評価していただきましたが、18年度は、県内(青森市)及び首都圏(東京都)で、同じ条件の下、消費者による試食評価を行いました。

 青森市 平成18年10月 3日(火)

 東京都 平成18年10月12日(木)

昨年度は応募商品すべてを評価したため、商品に対する評価点するに格差がありましたが、今年度は、6月に「売れる可能性のある商品」に選定された商品と同月補助選定された商品を評価していただいたこともあり、概ね、首都圏の消費者も県内の消費者も平均点以上の点数がつきました。

【消費者評価会の商品評価全体講評】

今回の評価では、第一印象・味・名称・パッケージデザイン・価格・量目・表示・開封のしやすさ等について点数をつけていただきました。

結果としては、表示については、県内も県外も評価は変わらず、他の項目については、首都圏の消費者の方が県内消費者よりも点数が高くでていました。

詳細な分析を行うには消費者の皆様のデータが少ない(青森・東京それぞれ1商品について10人の消費者による評価)ため、しっかりとはいえませんが、「首都圏」のお客様からすると、「青森の商品」は、安心して食べられる等、良いイメージがあり、それが地元の消費者より高く出たのではないかと考えます。

(量については、首都圏は家族数が多い消費者が多く、青森は2人世帯など若年層が少ない消費者だったため、首都圏では青森よりも「量が少ない」という評価になったと考えられます。)

もし、そうであれば、そのイメージをこわさずに商品をお届けしていきたいと思います。


【総合評価】

写真

  青森 東京
第一印象 3.2 3.6

味覚

3.8 4.1
名称 3.8 4.0
パッケージデザイン 3.5 3.9
表示の見やすさ 3.4 3.6
品質表示や商品説明 3.8 3.8
開封 3.0 3.3
3.1 3.1

※量の評価は少ない=1、丁度良い=3、多い=5




5.売れる商品ブラッシュアップ事業

青森県産品の生産者や加工業者の「デザイン」への意識を高め、売れる商品へのブラッシュアップを目的とした商品づくりの方法として、デザイナーとの連携を図り、県産品のデザイン力向上を目的に、あおもりデザイン協会に委託して様々な事業(デザイン草の根相談会・デザイナーズプレゼンテーション・デザインフォローアップ)を実施しました。

デザイン草の根相談会の開催

県内の事業者を対象とした、デザイン発注の流れについて具体的事例を示しながらのレクチャーや、デザインに関する無料相談会を開催しました。

  • 第1回「パッケージデザイン研修会」(平成18年6月21日開催)において実施

     (社団法人青森県物産協会・あおもりデザイン協会主催)

  • 第2回「デザイン無料相談会」(平成18年9月19日・20日開催)において実施

     パッケージデザイン研修会の風景


デザインフォローアップ

 

写真デザインフォローアップは、「売れる消費づくり応援隊推進費補助金」応募商品(工芸品を除く)の中から、デザインを見直すことで売れる商品となる可能性が高い商品について、デザイナーを派遣し、商品改良を行うものです。

今年度は加工食品部門から2事業者の商品が選定されましたが、パッケージデザイン以前の、商品企画段階からのデザインの支援のため、請け負うデザイナーや、商品開発部分で、県のふるさと食品研究センターの研究員と連携しながら実施しました。

また、補助金応募事業者の方々には、デザイン経費の見積相談や、デザイナーの斡旋等を行いました。

【平成18年度 売れる商品デザインブラッシュアップ事業対象商品一覧】

商品名 種類 実施主体名 フォローアップ内容

イカのお菓子

(クッキー)

 お菓子 五戸水産株式会社

ネーミング作成

ラベルデザイン作成

りんご酢りんご

 デザート 有限会社山のりんご屋

ネーミング作成

ラベルデザイン作成

 



6.意識啓発と情報発信

県産品生産者・製造業者、県産品に関係される事業者の皆様の、意識啓発を目的として、今年度は「売れる商品相談会」や「売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会」を行いました。

また、「ふるさと食品レベルアップ評価会」や首都圏で開催された「FOODEXJAPAN2007」へ出展するなど情報発信も行いました。直接参加された事業者は、来場したバイヤーなどと名刺交換し、自社製品のPRを積極的に行っていました。


売れる商品相談会 (平成18年9月19日・20日開催)

 

売れる商品相談会の風景画像商品をつくる際には、マーケティングに基づいて商品コンセプトを設定したり、商品デザインを検討することが大事であることを、生産者や事業者の皆様に理解していただくため、売れる商品評価会の審査員・西原昌男氏(食のデザイン)をアドバイザーに迎えて県内(弘前市・八戸市等)で相談会を開催しました。

ここでは、社団法人青森県物産協会の「秋の合同商談会」や「デザイン草の根相談会」等も合わせて開催しました。

 

売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会 (平成19年2月14日開催)

売れる商品評価会において高い評価を受けた「売れる可能性のある商品」については、県が積極的に情報発信していくこととしています。

「売れる可能性のある商品」に選定された商品、そして事業の成果を発表する場として、青森市(ホテル青森)において、売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会を開催しました。

 売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会 開催チラシ(152KB)

  • 第1部 

    売れる商品評価課員お審査員長である中小企業診断士・新倉勇氏による基調講演    「青森県産品に対するマーケティングの必要性について〜県産品を「売れる商品」とするための条件〜」

     中小企業診断士・新倉勇氏による基調講演レジュメ(176KB)

  • 休憩時間

    17年度・18年度に選定された「売れる可能性のある商品」(一部を除く)の試食

  • 第2部

    補助事業を行った事業者による成果報告会

     売れる商品販売戦略モデル事業成果発表会 パンフレット(343KB)

基調講演の画像

新倉勇氏による基調講演

商品の試食風景

試食タイム

成果報告会の風景成果報告会

 

会場には、100名を超える皆様に、講演・成果発表、そして「売れる可能性のある商品」に興味をもってお集まりいただき、「見て」「聞いて」「触って」「食べて」いただくことができました。

これによって、少しでも商品開発の際のマーケティングの重要性を分かっていただき、今後の事業展開に役立つことを祈るばかりです。

当日の講演内容及び事業者の皆様の事業成果発表は、マーケティングレポートに掲載しておりますので、そちらもご覧下さい。

 あおもりマーティングレポート第4号(4.2MB)

 

ふるさと食品レベルアップ評価会 (平成19年2月19日開催)

青森市(青森国際ホテル)において、遮断婦人ふるさと食品振興協会が主催する評価会の会場内で、商品展示を行いました。

商品を展示してPR


FOODEXJAPAN2007(第32回国際食品・飲料展)への参加(平成19年3月13日〜16日)  幕張メッセ

FOODEX JAPANは、東京ビッグサイトで行われる世界最大の国際食品商談会で、期間中9万人を超えるお客様が集まります。

平成17年度・18年度の「売れる可能性のある商品」を展示しました。できたての商品、青森ならではの素材を使った商品を見るため、、小売業・卸売業・居酒屋チェーンなど、様々な事業者の方が来場され、興味深く商品を見入り・試食していき、パンフレットをお持ちいただきました。興味を持たれた方からは名刺を頂戴し、そのデータは事業者の皆様にお返ししました。

また、今回はそれらの商品を直接商談したい事業者を募ったところ、4事業者が参加されました。ブースの全面に商品を置き、試食商談ができるようにしましたが、やはり生産者自らの説明は、来場されたバイヤーや事業者の方を引きつけていました。

 

FOODEXJAPAN開催風景
参加事業者による商談風景
青森県物産協会ブース
青森県物産協会ブース

掲載日 2008/2/18


バナーこのサイトはリンクフリーです
お問い合わせ先:青森県農林水産部総合販売戦略課
〒030-8570青森市長島1丁目1番1号  E-mail hanbai@pref.aomori.lg.jp
TEL:017-722-1111(代表:内線3108)/ 017-734-9571(直通)
Copyright 2005-2015 青森県農林水産部総合販売戦略課 All Rights Reserved.